基礎知識

AIを活用したマーケティングとは?メリットデメリットや活用事例を解説

新しいマーケティング戦略の一つとして、AI(人工知能)を活用した「AIマーケティング」が様々な企業で導入され始めています。AI技術の発展とDX化の推進によってビッグデータの高速処理や企業施策の最適化が実現し、競争力の向上が期待されているためです。

この記事では、AIマーケティングのメリットデメリットについて解説します。活用事例も解説していますので、AIマーケティングを始めたい人は参考にしてみてください。

AIを活用したマーケティングは様々な分野に取り入れられている

AIを活用したマーケティングは様々な分野に取り入れられています。AIは市場の多様化によって膨大となっている情報を高速且つ正確に分析できるためです。

人間が扱いきれなくなったビッグデータをAIが捌き、人力でも活用しやすい状態に処理することで業務効率を上げ、企業の活性化を促進しています。

【AIマーケティングの活用分野】
活用分野 概要
人流分析 訪問場所や移動時間、滞留時間などのデータを収集し、特徴などを分析して顧客行動を予測する
ターゲティング 顧客の属性や行動予測から受注確度や精度を数値化し、優先順位に従ってターゲットを選定する
需要予測と価格設定 需要動向の把握と予測によって生産量や在庫管理を最適化し、価格設定などを行う
MA(マーケティングオートメーション) MAツールを使って見込み顧客の獲得や育成、営業への引き継ぎなどを行う
カスタマーサポート チャットボットや対話型AIによって顧客対応を自動化し、オペレーションの効率化と最適化を図る
SEO対策 SEOスコアの計算や競合サイトの分析、キーワードの抽出、Webデザインやレイアウトの最適化などを行う
広告運用
顧客ニーズを基にクリエイティブ(宣伝素材)を作成し、キーワードや入札単価、配信時間帯などを自動調整し、広告を配信する
SNSマーケティング
SNSの情報拡散力やコミュニケーション力を利用して企業の認知度を高め、ファンの獲得や購買意欲の向上を目指す

AIマーケティングはデータドリブンマーケティング(データ主導のマーケティング)を効率化し、人間には難しい客観的な意思決定や最適な戦略の見極めを可能にします。消費者一人一人の購買行動から個人に特化したサービスを提供できるため、顧客体験が向上し、企業の信頼と実績の獲得につながっています。

SNSマーケティングでは、フォローや共有、ハッシュタグなどの拡散機能を活用したキャンペーンが行われています。また、AIがインフルエンサーの選定やフォロワーの分析、投稿の最適化などを行い、消費者の態度や行動の変容を促すコミュニケーション型マーケティングも展開されています。

しかし、AIは人間のような臨機応変な判断や予測は不得意である点には注意が必要です。特にSNSマーケティングでは、語弊を含む表現はアカウントの炎上に繋がるリスクがあるため、AIの機能や特徴を理解したうえで適切に管理しましょう。

マーケティングに使われるAIの機能と分類

マーケティングに使われるAIは、機能別に分類されます。AIの機能を理解しておくとAIツールを選ぶ際の判断基準が明確になるため、導入効果の向上が期待できます。

【AIの分類と機能】
分類 機能 人間代行型 人間拡張型
識別系AI データのパターンを学習し、入力されたデータの正誤や属性などを識別する 画像認識AI、音声認識AIなど
生態識別AI(顔認証や
指紋認証)など
予測系AI 過去のデータや傾向を分析し、将来の結果や動向を予測する 商品の需要予測、異常値検出、ネットワーク監視など
気象予報、医療画像診断、
株価予測など
会話系AI 人間との対話やコミュニケーションを行う 音声案内、チャットボットなど AIアシスタント、多言語翻訳など
実行系AI 実際の業務の自動化やプロセスの最適化を行う 自動運転、データ入力作業の代行など
自立型機器(ロボットやドローン)の作動制御など

主に4つに分類されるAIの機能は、役割別に分けると「人間代行型」と「人間拡張型」の8つに細分化されます。「人間代行型」は人間が行っている仕事をAIが代行して効率化し、「人間拡張型」は人間には難しい仕事をAIが補って拡張する役割を持っています。

AIマーケティングでは「識別系AI」と「予測系AI」が活用されています。AIは機械学習の基となる分析データが多ければ多いほど精度の高い予測が可能となり、顧客情報や購買履歴などの膨大な取引データを抱えるマーケティングの分野と相性が良いためです。これらのAIは、客観的な現状把握や施策の立案、顧客対応の最適化などに役立てられています。

AIマーケティングを導入する際は、AIの分類と機能を確認し、自社が求める機能が備わったAIツールを選びましょう。

AIツールを使い分けてマーケティング効果を上げる

AIツールを使い分けるとマーケティング効果の向上が期待できます。AIツールには様々な種類があり、それぞれの特徴を生かすことで効率的にマーケティングが行えるためです。

【AIマーケティングツールの種類と特徴】
ツールの種類 特徴
アクセス解析ツール Webサイトの訪問数やユーザーの動向などの解析データをAIが分析し、サイトの問題を発見・改善する
コンテンツマーケティングツール
AIモニタリングによる競合分析やSEO対策、キーワード調査、コンテンツの自動作成などでマーケティング業務を効率化する
ソーシャルリスニングツール
感情分析やトピックモデリングなどのAI技術を使ってSNSやブログなどの情報を収集・分析し、マーケティングや企業ブランドのイメージ向上に活用する
メール配信ツール AIによってメールの作成や分析、評価のスピードが向上し、複数のターゲティングメールを短時間で量産する
Web広告ツール
AIがユーザーの行動や興味に基づいて広告配信データを分析し、最適な広告を表示するための予測モデルを構築する

AIマーケティングツールは、組み合わせることでさらに効果を発揮するものもあります。

たとえば、アクセス解析ツールで改善が必要なサイトの領域を特定し、コンテンツマーケティングツールで課題に対するコンテンツ作成と宣伝を行うとWebサイトの最適化につながります。Webサイトが最適化されるとオンラインプレゼンス(Web上の存在感)が向上し、トラフィックの増加やコンバージョンの促進が期待できるようになります。

また、ソーシャルリスニングツールでブランドや製品に関する声を収集・分析しながら、メール配信ツールやWeb広告ツールを使って顧客ニーズを捉えた情報発信を行うことで施策の最適化がしやすくなります。

AIマーケティングツールを選ぶ際は、自社のニーズや目的に合わせて最適なツールを選びましょう。

AIマーケティングのメリットとデメリット

AIマーケティングを導入する際は、メリットとデメリットを確認しましょう。メリットを知ることは営業課題の改善に役立ち、デメリットを知ることは潜在的な課題の掘り出しやリスク回避につながるためです。

【AIマーケティングのメリットとデメリット】
メリット
  • 業務の効率化やコストの削減につながる
  • 人材不足の解消や労働環境の改善が見込める
  • データ分析精度の向上によって顧客データが最適化する
  • 市場の新規開拓や既存顧客の維持がしやすくなる
  • 対応力が増し、サポート品質が向上する
  • ヒューマンエラーが回避できる
デメリット
  • コストがかかる
  • データが低品質だと正しい結果が出ない
  • 情報漏洩のリスクがある
  • リスクマネジメントが難しい
  • ヒューマンタッチが欠如する
  • 思考プロセスがブラックボックス化する

メリットを活かして営業課題を改善する

AIマーケティングを始める際は、メリットを確認しましょう。メリットを把握することで自社の営業課題を解決できるか判断し、必要な施策を取り入れやすくするためです。

【AIマーケティングのメリット】

  • 業務の効率化やコストの削減につながる
  • 人材不足の解消や労働環境の改善が見込める
  • データ分析精度の向上によって顧客データが最適化する
  • 市場の新規開拓や既存顧客の維持がしやすくなる
  • 対応力の強化とサポート品質の向上で顧客満足度が高まる
  • ヒューマンエラーが回避できる

AIマーケティングは、業務課題に適したAIツールを導入することで様々なメリットが期待できます。自社のニーズや目的を踏まえた精度の高いデータ分析は顧客データを最適化し、個人に特化したマーケティング施策を実現します。顧客へのアプローチやフォローなどの対応力の強化によってサポート品質が向上し、顧客満足度が高まることが期待できます。

なお、AIマーケティングのメリットは、すぐには効果を実感しにくい点に注意が必要です。AIマーケティングを導入する際は、AIツールの長期的運用を前提に仮説の実行と検証、PDCAサイクルやOODAループを回しながら、効果測定と軌道修正を重ねましょう。

デメリットを把握して課題やリスクに対処する

AIマーケティングを始める際は、デメリットを把握しましょう。デメリットを知ることは、潜在的な課題の掘り出しやリスク回避につながるためです。

【AIマーケティングのデメリット】

  • コストがかかる
  • データが低品質だと正しい結果が出ない
  • 情報漏洩のリスクがある
  • リスクマネジメントが難しい
  • ヒューマンタッチが欠如する
  • 思考プロセスがブラックボックス化する

AIマーケティングは、データの品質や利用するツールによって得られる結果が変わります。分析データの精度が低い場合は、データ量や品質、分析方法などを見直すことが大切です。

また、AIが出力した結果はその経緯を人間には把握できず、思考プロセスがブラックボックス化する問題があります。この問題は「XAI(説明可能なAI)」による対策が進められ、AIの判断や予測に関する思考プロセスやアルゴリズムを人間に理解できる形で説明することで、AIの信頼性や透明性が高まることが期待されています。

なお、総務省が公表している「AI利活用原則案」では、ブラックボックス問題を含むAI活用における留意事項がまとめられているため、目を通しておくとよいでしょう。

AIマーケティングを導入する流れ

AIマーケティングを導入する際は、手順に従って必要な作業を進めましょう。必要な作業を漏れなく実行することでAIマーケティングを効率良く導入でき、スムーズな運用につながるためです。

【AIマーケティングの導入の流れ】
導入の流れ 概要
① 現状の業務プロセスを洗い出す 業務の作業パターンやフローを整理し、現状の業務プロセスを明確化する
② 課題を特定する 業務プロセスや目標などから問題点や改善点を見つける
③ 課題に適したAIツールを選ぶ
導入コスト・売上増加率・コスト削減率などを基にROI(投資利益率)を評価し、自社の課題に適したAIツールを選ぶ
④ AIマーケティングの活用方針を定める
最終的な導入目的や責任者、予算、必要なスキルなどを明確にし、運用方法をシミュレーションしながら活用方針を定める
⑤ AIツールの試験運用を行う
機械学習に必要なデータを準備し、モデル評価指標と目標値を定め、AIの出力結果に対してRLHF(人間のフィードバックによる強化学習)を行う
⑥ 実務に導入する PDCAサイクルやOODAループを回しながら効果測定と軌道修正を重ねる

AIマーケティングの導入効果を高めるためには、自社の課題に適したAIツールを選ぶ必要があります。そのため、自社の課題を洗い出し、AIマーケティングの活用方針を定めておくことが重要です。

また、AIツールの運用に必要な条件として、良質なデータが豊富にあること、モデル評価指標と目標値が明確であること、人間の責任において判断することなどが挙げられます。AIは少ないデータでの推論や意図を汲み取る作業、不合理な判断などを不得意とするため、人間が必要に応じてAIの作業を補完する必要があります。

AIはあくまで補足ツールとして位置づけ、スタッフはクリエイティブな作業やコミュニケーション、臨機応変な対応といった人間にしかできない業務に注力し、AIマーケティングの導入効果を高めましょう。

 

AIマーケティングに必要なスキルを確認する

AIマーケティングを導入する際は、必要なスキルを確認しておきましょう。AIマーケティングの運用にはAI技術を活用できる専門スキルを備えた人材が必要なためです。

【AIマーケティングに必要なスキル】
スキルの種類 概要
マーケティングスキル 自社のサービスや商品に関する市場調査や企画立案、販売促進などの業務を行う
情報収集スキル マーケティングの最新情報や手法をいち早く入手する
AIやIoTを活用するスキル AIやIoT、機械学習、ビッグデータなどを業務に活用する
データ分析力 AIの出力データを理解し、活用方法を考える
創造力 AIが不得意な独自性や付加価値を人間の手で創出する
コミュニケーションスキル クライアントやチーム間の連携を強化し、AIと人間との橋渡しをしながら円滑に業務を進める

AIマーケティングの導入効果は、AIツールの種類やチームのスキルなどによって変わります。そのため、AIマーケティングを始める際は、マーケティングチームがAIに関する知識を備え、AIを活用できる組織体制を整えて、AIマーケティングの活用方法を考えておく必要があります。

また、AIは特定の領域では人間を超える能力を持ちますが、人間のように新しい価値を創造することはできません。多くの企業でAIの活用が進む中、他社との差別化を図りビジネスを飛躍させるには、人間の創造力やコミュニケーションスキルは欠かせない要素です。

なお、AIマーケティングに必要なスキルは専門性が高いため、スキルを持った人材の育成や確保が難しい場合は、スキルを補完してくれるサービスや外部スタッフを委託するなどして対応しましょう。

AIマーケティングのスキルを論文やセミナーで学ぶ

AIマーケティングのスキルを論文やセミナーを利用して学びましょう。AIマーケティングの学習領域は幅広く、有識者から知見や教訓を得ることで効率的なスキルの習得が見込めるためです。

研究論文やセミナーに関する情報は、スマートフォンやパソコンから検索できるWebサイトなどが用意されています。希望の分野に特化した情報の抽出やオンラインによるセミナーの参加登録などが可能なサイトもあります。

AIマーケティングの技術やトレンドは常に変化しています。最新のノウハウを取り入れることでより正確な予測や効果的な施策の立案が行えるため、継続的に知識のアップデートを行いましょう。

AIマーケティングの活用事例

AIマーケティングは様々な業種で活用されています。それぞれの業種の活用事例を知っておくと自社のAIマーケティングの参考にもなるため、確認しておきましょう。

【AIマーケティングの活用事例】
活用分野 活用事例
製造業 作業の自動化によって人員を削減し、生産管理システムによって生産ラインや生産計画を最適化する
物流業 物流や需要を予測した在庫管理、配送計画や人員配置の最適化、AIロボットを活用した倉庫の自動化などを行う
金融業
顧客の好みを予測した商品やサービスの紹介、顧客のイベントを検知した最適なタイミングでの商品提供などを行う
農業 農産物の価格予測や販売戦略、農業コミュニティの構築や情報共有などを行う
不動産業 ChatGPTを活用した物件検索、空室対策の提案、物件の評価やアピールコメントの自動作成などを行う
エネルギー業 データエコシステムによる販売活動の最適化、気象情報から予測した電力需給予報などを行う
医療業 患者の症状や健康状態を検索した簡易診断や適切な医療機関やサービスの紹介などを行う

幅広い業種で活用されているAIマーケティングといえば、顧客分析やコンテンツ生成、オファー(提案)の提供などが挙げられます。顧客の行動予測からニーズに合わせた最適なコンテンツを生成し、個人に特化したオファーを提供することで、顧客の購買意欲を高める効果が期待できます。

これらのAIマーケティングと業種に特化したAIマーケティングを組み合わせると、マーケティング効果の向上につながります。しかし、AIマーケティングには人間の思考力や判断力が必要です。戦略的なプランニングや真心を込めたアプローチなどは、人間が担うべき業務であることを覚えておきましょう。

まとめ

AIマーケティングは、消費者一人一人の購買行動から個人に特化したサービスを提供することで顧客体験を向上させ、企業の信頼と実績の獲得につなげています。

マーケティングに使われるAIは「識別系AI」や「予測系AI」など機能別に分類されます。機能の異なるAIツールを使い分けることでマーケティング効果の向上が期待できます。

AIマーケティングを始める際は、メリットとデメリットを把握し、手順に従って必要な作業を進めましょう。メリットを営業課題の改善に役立て、デメリットを潜在的な課題の掘り出しやリスク回避に役立てながら必要な作業を漏れなく実行すればAIマーケティングを効率良く導入でき、スムーズな運用が見込めます。

なお、AIマーケティングの導入効果はAIツールの種類やチームのスキルなどによって変わります。マーケティングチームはAIに関する知識を備え、AIを活用できる組織体制を整えて、AIマーケティングの活用方法を考えておきましょう。

AIマーケティングの学習領域は幅広く、有識者から知見や教訓を得ることで効率的なスキルの習得が見込めます。AIマーケティングのスキルは論文やセミナーを利用して学び、必要に応じてスキルを補完してくれるサービスや外部スタッフを委託するなどして対応しましょう。

この記事をシェアする

AIを活用した業務工数の削減 個社向けの開発対応が可能

専用カスタマイズされたAIが業務効率を飛躍させる

  • AIを使って業務を効率化させたいが、使い方が分からない
  • ChatGPTなどのAI技術を使ったプロダクトが具体的にどういうものがあるか知りたい
  • ChatGPTを自社に取り入れたいが、セキュリティ面に不安がある

独自開発、高い技術力を基盤に顧客ニーズと世界レベルのテクノロジーを持つプロダクト「JAPAN AI CHAT」が悩みを解決!

最新のAI技術を組み込むための技術・サポートを提供し、業務の効率化やコスト削減、さらには新たなビジネスチャンスの発見を実現します。

無料相談する

24時間いつでも相談可

資料ダウンロード

詳しい事例や料金を確認

メニュー