基礎知識

AI生成コンテンツはSEOに活用できる?使えるAIやメリットデメリットを解説

AI生成コンテンツは、業務問題の解消やビジネス機会の創出に繋がる戦略の一つとして様々な企業で活用が進んでいます。SEO担当者の中には、AI生成コンテンツがSEOにも活用できるかを知りたい人も多いと思います。

この記事では、SEOコンテンツ制作に活用できるAIやメリットデメリットを解説します。

注意点や活用事例も紹介しますので、AI生成コンテンツをSEOに活用したい人は参考にしてみてください。

良質なAI生成コンテンツはSEOに活用できる

良質なAI生成コンテンツはSEOに活用できます。Googleは公式見解として「AI 生成コンテンツに関する Google 検索のガイダンス」を定め、AI生成コンテンツの使用を認めているためです。

AI生成コンテンツとは、機械学習や深層学習などの構造化されていないデータセットを基にAIがパターンや関係を学習し、新たに生み出す創作物のことです。AI生成コンテンツは、テキストや画像、動画、音声など多様な形式に対応しています。

Googleは、20238月よりGoogle検索の新機能として「生成AIによる検索体験SGE(Search Generative Experience)」の試験運用を開始しました。AI生成コンテンツの利用に関してはAI活用における倫理問題やSEOの観点からしばしば議論されますが、生成AISEOに活用する動きは年々活性化しています。

ただし、AI生成コンテンツが出力した内容そのままの使用するのは避けた方がよいでしょう。AIが正しい情報だけを出力するとは限らないためです。時に誤った情報や著作権を侵害するデータを基にコンテンツを生成してしまう場合がある点に注意しましょう。

コンテンツ制作に活用できるAIの種類と特徴

コンテンツ制作に活用できるAIは、用途に応じて種類と特徴が異なります。ChatGPTを始めとする対話型生成AIやテキスト生成に特化したライティングツール、画像や動画に特化したツールなどです。

コンテンツ制作を人間が行う場合、その日のコンディションやモチベーション次第で作業効率や精度が変わることがあります。しかし、AIなら一定のクオリティを保持しながらSEOに効果の期待できるコンテンツを継続的に生成できます。

汎用性の高い対話型生成AIと各種コンテンツに特化した生成AIを用途に応じて使い分け、コンテンツ制作のクオリティを高めましょう。

対話型生成AI

対話型生成AIは、人間の入力した指令文に従って多様な形式のコンテンツを自動的に生成します。対話型生成AIは、自然言語処理技術を用いており、人間とのより自然な対話を繰り返すことができるのが特徴です。

また、文章生成に優れ、質疑応答や多言語翻訳、長文要約などが得意です。さらに、小説や詩、歌詞などの創作やプログラムコードの作成、絵画や写真などの画像生成、音楽や効果音などの音声生成など幅広い用途に対応しています。

【対話型生成AIの種類と特徴】
種類(提供元) 特徴
ChatGPT

(OpenAI LP/ OpenAI Inc.)

・文脈の読み取りに優れ、より人間に近い自然な会話ができる
・コンテンツ制作やプログラミング、デバッグなど用途が幅広い
・言語モデル:GPT-3.5
・有料版はGPT-4に対応
BingAI

(Microsoft Corp.)

・検索意図と回答のマッチング率が高い
・検索エンジン「Bing」と連動
・引用元のソースリンクを提示
・言語モデル:GPT-4
Bard

(Google LLC)

・検索エンジン「Google検索」と連動
・「Gmail」「Googleドキュメント」「Googleスプレッドシート」と連携できる
・引用元のソースリンクを提示
・言語モデル:PaLM 2

対話型を始めとする生成AIは、プロンプトと呼ばれる指令文を入力することでその文に関連した回答を出力します。目的に応じて適したプロンプトを設定するとコンテンツの精度が高まります。

たとえば、記事を作成する場合、キーワードリサーチやアウトラインの作成、本文の執筆、文章校正というように作業工程を分類すると目的が明確になり、より的確なプロンプトが設定しやすくなります。ユーザーの検索意図を反映した高精度の記事が作成できれば、そのコンテンツは有益な情報と評価される可能性が高まり、検索順位の向上が期待できます。

また、対話型生成AIは自社サイトに専用チャットボットを構築したり、FAQを自動生成したり、ユーザーに関連キーワードを提案したりできます。顧客サポートが自動化されると迅速で正確な顧客対応が可能となり、サイトの信頼性の向上に繋がります。

ただし、生成AIはあくまでプログラムであり、人間のように気持ちを汲み取ったり行間を読み取ったりすることはできません。AI生成コンテンツの精度はプロンプトの質に左右される点を考慮し、具体的で簡潔なプロンプトの入力を心がけましょう。

AIライティングツール

AIライティングツールは、AIが文章の構造や文法、語彙などを学習して自動的に文章を生成するライティングに特化したツールです。人の手で書くよりも短時間で多くの記事が書けるため、文章作成や編集のサポートとして活用できます。

AIライティングツールは、ブログやニュース、商品紹介など様々な記事に対応しています。生成AIの開発が米国に後れを取るなかで、AIライティングに関しては和文執筆に適した機能を備えた国産ツールが充実し、精度の面でもよりSEOに強いコンテンツが生成できます。

たとえば、ターゲットを絞ってコンテンツを設計したい場合、競合サイトのコンテンツを分析してユーザーインサイト(消費者の隠れた心理)を抽出することで消費者の潜在的なニーズを捉えたコンテンツが提供でき、コンバージョン率(CVR)の向上に繋がります。

また、対話型生成AIと同様にWebサイトからキーワードを抽出して検索欲求の高いタイトルや見出しを生成したり、キーワードの密度をチェックして出現率を高めたりすることで検索順位の向上が見込めるようになります。

AIライティングツールは用途に応じて選ぶと作業効率や精度の向上が期待できます。キャッチコピーやビジネスメールなどの短文作成、小説や論文などの長文作成、SNSYouTubeなどの企画立案など、AIライティングツールの種類や特徴を理解して用途に適したツールを選びましょう。

画像生成AIツール

画像生成AIツールは与えられた条件やデータから自動的に画像を生成します。人間の手で描いたような自然な画像を数秒ないし数分で生成できるため、制作時間が大幅に短縮し、作業効率の向上が見込めます。

【画像生成AIツールの種類と特徴】
種類(提供元) 特徴
DALL・E3

(OpenAI LP/ OpenAI Inc.)

・テキストの内容に沿ったリアルな画像やアートを生成する
・暴力的、憎悪的な表現を避け、成人向け画像の生成を制限するなど安全対策が施されている
・価格:15ドル/115クレジット
(プリペイド方式、クレジットの無料付与あり)
Firefly

(Adobe)

・テキストから画像を生成し、編集もできる
・権利関係がクリアな画像のみを学習しているため、商業利用としての安全性が高い
・価格:無料(有料版は他のAdobe製品と連携可能)
Mid journey

(Mid journey研究チーム)

・フリーウェアチャット「Discord」上で動作
・操作が直観的でプロンプトのみで精巧な画像を生成できる
・解像度の調整や類似画像の生成などブラッシュアップが可能
・価格:10ドル/月~(有料版のみ提供中)

画像生成AIGAN(敵対的生成ネットワーク)やDDPM(拡散モデル)などのアルゴリズムを使用して高品質な画像を生成します。テキストからの画像生成のほか、特定の画像を別の画像に変換したり、実在しない人物の顔をリアルに生成したりすることもできます。

自社サイトのアイキャッチやバナーを無料素材で埋めるのではなく、オリジナリティを重視したイメージ通りの画像を掲載するとWebサイトの視認性や独自性が高まります。また、生成された画像に適切なタグや説明文を設定すると画像検索に掛かりやすくなり、Webページの流入増加に繋がります。

なお、画像生成AIが出力する画像は、同じプロンプトでもツールの機能や特性によって構図やタッチが変わります。イメージ通りの画像を出力するためにはプロンプトの設定にもコツが必要です。有料ツールを使い始めた後で思い通りの画像が生成できないということがないように画像サンプルの確認や無料版の試用を事前に行うようにしましょう。

AI生成コンテンツのメリット

AI生成コンテンツをSEOに活用する際は、メリットを把握しておきましょう。メリットを知ることで自社の業務課題や必要とするSEO対策を明確にするためです。

AI生成コンテンツのメリット】

  • 作業効率・生産性
  • 品質の向上
  • 費用対効果の改善
  • 多言語適応を始めとする継続的な進化
  • ライターズ・ブロックの回避

コンテンツ制作に生成AIを利用すると、ライターを雇う場合に比べて人件費や経費を抑えられ、コストの削減に繋がります。また、生成AIは先入観や固定観念に囚われないため、学習データに基づいて常に一定基準の品質が保持できます。

人間が新たな能力を習得するには時間が必要です。しかし、AIなら新しい技術や言語へも迅速に適応し、創作物によっては人間よりも高い品質が期待できます。さらに、作家が新しい作品を生み出す能力を失ったり創作上の低迷が起こったりする「ライターズ・ブロック」が起こらない点も生成AIの強みとなっています。

このように、AI生成コンテンツは業務や制作において様々なメリットをもたらします。これまではクリエイティブを生み出す人材が重要視されてきましたが、AI化が推進される社会ではAIを正しく活用できる人材の登用が急務となっています。AIと人間によるクリエイティビティの融合が期待されています。

AI生成コンテンツのデメリット

AI生成コンテンツをSEOに活用する際は、デメリットを把握しておきましょう。AI生成コンテンツはその制作過程を人間が判断できないことから、安易に利用するとトラブルを招く恐れがあるためです。

AI生成コンテンツのデメリット】

  • 権利侵害や情報漏洩のリスクが生じる
  • 学習データによっては品質が低下する
  • 生成された内容によっては問題に繋がる可能性がある
  • AI生成コンテンツの精査は人間が行う必要がある

AI生成コンテンツは権利の所在が不明確になることがあります。生成AIは、現状では知的財産権の有無に関わらずあらゆる情報を学習データとして使用するため、AI生成コンテンツが意図せず権利を侵害してしまう恐れがあります。

また、学習データに誤った情報や不適切な表現が含まれていると品質が低下します。フェイクニュースや詐欺サイト、コラージュ、なりすましなどの情報は生成AIが正誤を判定しきれない場合があり、不適切で非常識なコンテンツを生み出す恐れがあります。

さらに、AIが生成するテキストには単調な表現や冗長な文章が含まれる点にも注意が必要です。読みにくい文章は読者の離脱を招く恐れがあります。そのため、出力された内容に関して、人間によるファクトチェックや文章の編集・校正を怠らないようにしましょう。

AI生成コンテンツをSEOに活用する際の注意点

AI生成コンテンツをSEOに活用する際は、注意点を確認しましょう。

AI生成コンテンツをSEOに活用する際の注意点】

  • コンテンツの品質を重視する
  • E-E-A-T」を意識したユーザー視点のコンテンツを提供する
  • 良質なコンテンツを継続的に提供する

AI生成コンテンツはそのままでは正確性が確保されていません。品質を重視する上では人の手による修正や加筆を行い、内容を精査する必要があります。専門性の高い分野の記事作成や決められた文調での執筆には適さない場合がある点にも注意しましょう。

良質なコンテンツを継続的に提供するとユーザーエクスペリエンス(UX)が高まります。UXが高いコンテンツはユーザーの行動喚起(CTA)を促すため、CTAが高い良質なコンテンツを継続的に提供するとWebサイトの信頼度を高めることができます。

なお、SEO対策にはGoogleが定義しているウェブサイトの評価基準(E-E-A-T)を意識することが重要です。この評価基準を基にユーザーに有益な信頼性の高い情報を検索上位に掲載するよう設計されているためです。SEOの基礎知識も含めて、Googleの「検索品質評価ガイドラインで確認しておきましょう。

AI生成コンテンツのSEO活用事例

生成AIは検索エンジンのアルゴリズムに応じて最適化されたコンテンツや自社に適したSEOコンテンツが効率的に生成できるため、さまざまな用途でSEOに活用されています。

AI生成コンテンツをSEOに活用したい人や現行のSEO対策を強化したい人は、活用事例を参考にしてみてください。

AI生成コンテンツのSEO活用事例】
活用事例 AIの作用
検索順位の向上 AIが特定のキーワードやフレーズを自然な形で文章に組み込み、ランキングを上げる
高品質なメタデータの生成 AIがメタデータ(検索対象となるデータを要約した見出し情報)を最適化し、ユーザーに情報を届けやすくする
コンテンツの品質向上 AIの高速で正確な分析によってコンテンツの生成速度や品質を高め、情報を充実させる
トレンドへの迅速な対応 AIがリアルタイムで情報収集や解析を行い、最新のトレンドに適応したコンテンツを提供する
国際的なSEO戦略 AIの多言語対応によって地域の観光客からグローバルな観客まで広く対象にしたコンテンツを生成する

生成AIは新たなアイデアの発掘に役立ち、他社との差別化を図ることができます。顧客に届けるべき企業情報やユーザーの消費行動に合わせたサービス提供など、顧客ごとに最適化された有益な情報を発信することで企業のSEO戦略に役立っています。

まとめ

良質なAI生成コンテンツをSEOに活用する動きが年々活性化しています。コンテンツ制作に活用できるAIには、対話型生成AIやライティングツール、画像や動画に特化したツールなどがあり、用途に応じて使い分けるとコンテンツ制作のクオリティが高まります。

生成AIは用途に適したコンテンツを効率的に生成できますが、その精度はプロンプトの質に左右される点に注意が必要です。人間によるファクトチェックや文章の編集・校正を怠らないようにしましょう。

また、AI生成コンテンツのSEO活用にはメリットとデメリットがあります。メリットを知ることで自社の業務課題が明確になり、デメリットを知ることでトラブル回避が見込めるため、事前に把握しておきましょう。

生成AIは新たなアイデアの発掘に役立ち、他社との差別化を図ることができます。AI生成コンテンツをSEOに活用したい人や現行のSEO対策を強化したい人は、活用事例も参考にしてみてください。

この記事をシェアする

AIを活用した業務工数の削減 個社向けの開発対応が可能

専用カスタマイズされたAIが業務効率を飛躍させる

  • AIを使って業務を効率化させたいが、使い方が分からない
  • ChatGPTなどのAI技術を使ったプロダクトが具体的にどういうものがあるか知りたい
  • ChatGPTを自社に取り入れたいが、セキュリティ面に不安がある

独自開発、高い技術力を基盤に顧客ニーズと世界レベルのテクノロジーを持つプロダクト「JAPAN AI CHAT」が悩みを解決!

最新のAI技術を組み込むための技術・サポートを提供し、業務の効率化やコスト削減、さらには新たなビジネスチャンスの発見を実現します。

無料相談する

24時間いつでも相談可

資料ダウンロード

詳しい事例や料金を確認

メニュー