基礎知識

ChatGPTをビジネスで利用する方法とは?注意点も解説

ChatGPTは自然な会話ができる生成AIです。ChatGPTを活用してさまざまなビジネスに役立てることができます。しかしどのようにChatGPTをビジネスに利用すればよいのかわからない方もいるでしょう。

当記事ではChatGPTをビジネスで利用する方法を解説します。ChatGPTを利用する際の注意点も解説するので、ChatGPTがビジネスでどのように利用できるか知りたい方は、参考にしてみてください。

ChatGPTをビジネスで利用する方法

ChatGPTをビジネスで利用する方法は文章作成やプログラムの生成などさまざまあります。以下の例を参考にビジネスで利用する方法を把握し、業務を手助けするひとつの手段として検討してみてください。

【ビジネスで利用する方法例】

  • 文章の作成に利用できる
  • プログラム作成に利用できる
  • アイデアを考える際に利用できる
  • 翻訳機能として利用できる

たとえば、ChatGPTは書いてほしい文章の具体的な指示文(プロンプト)を送ることで文章が生成されることから、ビジネスメールや社内で使うマニュアルを作成する際の下書きとして利用することができます。

また、多くのプログラミング言語に対応しているため、PC作業の自動化やWEBサイトの作成などコーディング作業を効率化することが可能です。

ChatGPTでは、対話形式で瞬時に多種多様な回答を提示できるため、アイデアを考える時間がない方やアイデアを壁打ちしてブラッシュアップしたいという方のサポートとして活用できます。また、ChatGPTは日本語以外の言語も扱えるため、翻訳機能としても利用可能です。

ChatGPTは自然言語の処理に優れ、さまざまな分野のビジネスで活躍しています。利用方法の例をもとにChatGPTをビジネスで活用することを検討してみてください。

文章の作成に利用できる

ChatGPTは自然言語処理の技術によって文章の作成に関する業務に利用できます。ビジネスではメールや書類など、さまざまな場面で文章作成を行いますが、ChatGPTはこの作業のサポートを担えます。

たとえば、文章の作成に利用する場合、「商談の約束を取り付けるようなメールを書いて」というような指示を出すとアポイントメールの文章が生成されるなど書いてほしい内容を簡潔に依頼することでプロンプトに沿った文章に仕上がります。

人による最終的な文章の確認や修正は必要になりますが、指定した形式に応じてビジネスメールや申請書、資料などの下書きとして利用でき一から文章を作成する手間を省くことが可能です。

ChatGPTを利用することでビジネスにおける文章の作成にかかる時間を短縮ができます。しかし、ChatGPTが生成する文章の表現が適切であるとは限らないため、ChatGPTを利用する場合は下書きとして活用し生成された文章の確認は人によって行うようにしましょう。

プログラム作成に利用できる

ChatGPTはプログラム作成の際にも利用できます。JavaやPythonC言語など幅広いプログラミング言語に対応が可能です。

たとえば、ExcelWordでデータ集計するなどの手動で行っていたPC作業の自動化を行いたい場合、VBAVisual Basic for Applications)というプログラミング言語を詳しく知らなくても、何をしたいのか、どのようなプログラム作成をしたいのかを指示することでプログラムが提示されます。

また、コードの修正や改善などの質問もでき、問題点の把握や解決にも役立つため作業のサポートとして利用することが可能です。

このように、ChatGPTは、プログラミング学習の際の手助けやプログラム作成、修正などのプログラミング関連の業務でも利用が可能です。しかし、ChatGPTの回答に誤っている場合もあるため、提示された回答が正しいのか確認や検証を行うようにしましょう。

アイデアを考える際に利用できる

ChatGPTは新たな商材の企画やビジネスに関するアイデアを考える際に利用できます。ChatGPTはアイデアを出すための壁打ちや、指示をすればアイデアの候補を生成します。

企画を考える時間がない場合やひとりだけではアイデアを思いつくのに限りがあります。その際に、ChatGPTで「AIを活用した商品のアイデアを教えてください」など指示文を入力することでアイデアが提示します。アイデアが気に入らない場合でも再度依頼することで新しいアイデアが提示されます。

また、ChatGPTを利用してまとまっていない状態の考えやアイデアに関することについて質問を繰り返す壁打ちを行うことで、考え事の整理がされアイデアの創出や理解を深めることもできます。

翻訳機能として利用できる

ChatGPTはさまざまな言語に対応しているため、翻訳機能として利用できます。ChatGPTは深層学習や自然言語処理という技術によって様々な言語の学習を行っているため幅広い言語に対応が可能です。

たとえば、ChatGPTでは日本語や英語以外にイタリア語、ドイツ語などの言語に対応可能であり、提供した原文の文脈を理解して適切な翻訳が提示されます。回答に分からない箇所があった場合でも対話形式で質問ができるため、ひとりでも時間をかけずに自己解決できます。

また、「同僚にメールを送る場合」など具体的に指示を入力することによって目的や状況に合わせた翻訳になり、文章を読む際や作成する際の手助けとして有効な方法です。

Chat GPTをビジネスで利用する際の注意点

ChatGPTをビジネスで利用する際に気を付けておくべき注意点を把握しましょう。ChatGPTの注意点を把握しておくことで、対処方法の検討や利用する際のマニュアルを作成することができます。

ChatGPTの注意点】

  • 入力したデータは機械学習に活用される場合がある
  • ChatGPTが提示する回答を確認する必要がある
  • ChatGPTには苦手にしていることがある

たとえば、入力したデータはOpen AIのモデル開発などに活用する可能性や機械学習の学習データとして蓄積され他の利用者の回答に使われる場合があるため、個人や社内情報をChatGPTに入力することは避けるべきです。

ChatGPTの注意点を把握せずに利用していると誤りのある回答をそのまま使ってしまう場合や情報漏洩などの問題が発生してしまう可能性があります。ChatGPTをビジネスに利用する場合は、注意点を意識したうえで業務のサポートとして利用しましょう。

入力したデータは機械学習に活用される場合がある

ChatGPTで入力したデータは機械学習に活用される場合があります。蓄積されたデータを使って学習する機械学習によって、入力したデータが外部に情報漏洩してしまう可能性があり、ChatGPTを社内で活用する際は重要な情報を入力しないなどルールを決めておきましょう。

利用者が入力した質問内容は、ChatGPTの回答精度を高めるために機械学習の学習データとして蓄積され、他の利用者がした質問の回答として活用される場合があります。

また、Open AIWebサイトにも記載されていますが、Open AIのモデル改善に利用者が入力したデータを活用することもあり、顧客情報や自社に関係する機密情報を入力してしまった場合情報漏洩につながる可能性があります。

入力したデータを使用されたくない場合はOpen AIのオプトアウトフォームにて必要事項を記入して送るとChatGPTを活用したデータは削除されます。しかし、ChatGPTを利用する際は、企業内の機密情報や顧客情報などの重要な情報を質問時に入力しないようにしましょう。

なお、Open AIAPIや法人プランのChatGPT Enterprise を経由して利用する場合は、入力したデータが学習に利用されないと記載されているため、会社として生成AIを利用する場合はAPI経由での利用も検討してみてください。

ChatGPTが提示する回答を確認する必要がある

ChatGPTを利用する際は、提示する回答を確認する必要があります。ChatGPTの回答をそのままビジネスで利用した場合、誤った情報を使用してしまう場合や著作権侵害につながる可能性があるためです。

ChatGPTは、20219月までの学習データを活用して質問に対する回答を生成しています。そのため、既存の著作物に類似した回答や回答内容が誤っている可能性があります。

また、倫理性の判断ができないことから不適切な表現とされる回答になってしまう可能性もあります。ChatGPTの回答をビジネスで利用する際は、提示された回答に対して内容はあっているのか著作権侵害になっていないかを確認するようにしましょう。

ChatGPTには苦手にしていることがある

ChatGPTには得意なことがあるように、苦手にしていることもあります。

ChatGPTの苦手にしていること例】
項目 概要
最新情報に関することは回答できない 2021年9月までの学習データによって回答を生成しているため
計算が苦手 蓄積されたデータから推測して回答を生成しているため計算を解くことが苦手
WEBサイトの情報は取得できない デフォルトではブラウジングの機能を持っていないため(ChatGPT Plusに加入している場合ブラウジング機能が追加されているため可能)
画像や音声データの処理ができない 文章データを処理する機能のみのため画像、音声データを処理することはできない

ChatGPTは、20219月までの学習データをもとに回答を生成しています。そのため、蓄積されたデータによって回答できない質問をされた場合は、誤った回答になるかデータを保持していないことが回答される可能性があり、ChatGPTが無料版の場合、最新情報を使ったリサーチ関連のビジネスには使えません。

また、ChatGPTの無料版では20219月までの学習データによって回答を生成しているため、WEBサイトのURLにアクセスができません。そのため、ChatGPTの無料版の場合、WEBサイトの情報を取得して回答を生成することは難しいです。

ただし、202310月時点では、ChatGPT Plusに加入している場合ブラウジング機能が追加されており、最新の情報が回答されます。ChatGPTの苦手にしていることを理解して自社のビジネスにどうやって利用するのか検討しましょう。

まとめ

ChatGPTをビジネスで利用する方法は文章作成や翻訳など多分野であります。社内で使う資料の下書きやプログラム作成を勉強する際、考えをまとめるときの壁打ちなど業務のサポートとして役立てることが可能です。

しかし、ChatGPTにも苦手としていることや、誤った回答を提示する可能性があるなどビジネスで利用する上で把握しておくべき特徴もあります。ChatGPTのビジネス利用する場合は、社内で特性や注意点の理解を深めて利用する際のマニュアルなどを作成するようにしておきましょう。

この記事をシェアする

 
      

AIを活用した業務工数の削減 個社向けの開発対応が可能

   

事業に沿った自社専用AIを搭載できる「JAPAN AI CHAT」で業務効率化!

   

資料では「JAPAN AI CHAT」の特徴や他にはない機能をご紹介しています。具体的なAIの活用事例や各種業務での利用シーンなどもまとめて掲載。

無料相談する

24時間いつでも相談可

資料ダウンロード

詳しい事例や料金を確認

メニュー