業務効率化

ChatGPTを利用してホームページ作成する方法を解説

ChatGPTを利用してホームページ作成する方法を解説

Web制作をしている方の中には、ChatGPTを自分の業務に活用できないか気になっている方もいるのではないでしょうか。

この記事ではChatGPTを利用してホームページを作成する方法を解説します。利用する上での注意点も紹介しているので、ChatGPTをホームページ作成の活用する方法を調査している方は、参考にしてみてください。

ChatGPTを利用してホームページ作成する方法

ChatGPTをホームページやWebサイトの作成に利用する方法を、ホームページ作成の流れに沿って紹介します。

【ホームページを作成する方法】

  • ホームページに必要なコンテンツを作成する
  • サイトマップを制作する
  • HTMLやCSSを使ってコーディングを行う

ホームページ作成の経験が少ない人にとって、ChatGPTはホームページ作成のサポートに活用できる方法のひとつです。

ただし、ChatGPTが生成する内容をそのまま利用しても実際にホームページとして公開できる品質にはなりません。ChatGPTが生成したコードに手を加えられる程度のHTMLやCSS、JavaScriptなどの知識が必要になることは認識しておきましょう。

ホームページに必要なコンテンツを作成する

ChatGPTを活用してホームページに必要なコンテンツを作成することで、構成を1から考える時間を短縮できます。

今回の入力例では、「特徴」を提示することで、より店舗にあわせたコンテンツを生成するようにしています。なお、「特徴」を省いたプロンプトを使用してもホームページのコンテンツについての回答を得られます。

【ホームページに必要なコンテンツを作成するプロンプト例】

あなたは優秀なWEB制作者です。

カフェのホームページを作成したいので必要なコンテンツを考えてください。

#特徴

  • 店舗は新宿
  • 内装は純喫茶風
  • 自家焙煎のコーヒーが売り

【ChatGPTの出力結果】

ChatGPT出力結果:ホームページに必要なコンテンツ

サイトマップを作成する

ChatGPTを利用してサイトマップを制作してみましょう。サイトマップとは、サイト内にあるブログ記事やお問い合わせフォームなどの各ページの構造を視覚化した階層図のことです。

ChatGPTは、1つのチャットルームの中でのやりとりを記憶することができます。そのため、ホームページ作成の一連の流れをステップバイステップで行うことで、生成した内容を引き継いだ状態で依頼できます。

プロンプト例では、提案されたコンテンツを参考にサイトマップを作成するように依頼しています。ホームページに用意するコンテンツをChatGPTを使わずに用意する場合は、「#条件」に自身が考えたコンテンツを指定することも可能です。

【サイトマップを作成するプロンプト例】

あなたは優秀なWEB制作者です。

カフェのホームページのサイトマップを考えてください。

#条件

  • 作成したコンテンツを含める

【ChatGPTの出力結果】

ChatGPT出力結果:サイトマップ

個別ページに必要な構成を作成する

ホームページに作成するトップページや商品ページなどそれぞれ個別のページに必要な構成を作成します。

【ホームページに必要なコンテンツを作成するプロンプト例】

あなたは優秀なWEB制作者です。

カフェのホームページに必要な構成を考えてください。

#条件

  • TOPページの構成
  • 出力したコンテンツを参考にする

【ChatGPTの出力結果】

ChatGPT出力結果:ホームページ構成

HTML・CSSを使用したコーディングを行う

ChatGPTを利用してホームページのHTMLやCSSのコーディングを行います。この段階で提案されるコードだけでは、公開できる品質にならないため、繰り返しやりとりを行うか、人間によってコードの追加や修正を行う必要があります。

プロンプト例の「#条件」はなくても問題ありません。しかし、実装したいデザインイメージがあれば、「メインビューを入れる」「サイドバーを入れる」など指定することでよりイメージに近づくため試してみてください。

【ホームページに必要なコンテンツを作成するプロンプト例】

あなたは優秀なWEB制作者です。

カフェのホームページのHTMLとCSSを出力してください。

#条件

  • 出力した構成をいれること
  • メインビューを入れること
  • コンテンツにもダミー文章を入れること
  • レスポンシブデザインにする
  • CSSフレームワークを使用する

※「CSSフレームワークを使用する」と入力したところ今回は「Bootstrap」が選択されています。

【出力されたHTML/CSS】

ChatGPT出力結果:HTML

ChatGPT出力結果:CSS

【ChatGPTによって作成されたホームページ】

ChatGPT出力結果:ホームページ制作例

メインビューに挿入されているダミー画像は、ChatGPTを利用して生成したものです。有料プランを契約している場合は、これまでのやりとりの内容からイメージにあった画像を作成してもらうことが可能です。

ChatGPTのプラグイン機能を活用して業務の効率化につなげる

ChatGPTのプラグイン機能を活用してホームページ作成の業務効率化につなげられます。有料版「ChatGPT Plus」の利用者が使えるプラグインは、外部サービスと連携できるようにChatGPTに機能を追加するツールのことです。

【ホームページ作成に活用可能なプラグイン機能】

プラグイン機能名 機能
Canva
  • Canva内にあるデザインテンプレートの検索
  • デザインテンプレートの編集

「Canva」プラグインは、「カフェのデザインテンプレ―ト」のような簡単なプロンプトを入力するだけで、適したデザインテンプレートを提案してくれます。

デザインテンプレートを手早く見つけることができるため、デザイン案を検討する際に有用です。

【ChatGPTの回答】

ChatGPT出力結果:デザインテンプレート

ChatGPTを利用したホームページ作成の注意点

ChatGPTを利用したホームページ作成の際に気を付けておくべき注意点の把握をしましょう。セキュリティ対策をせずにChatGPTを使うことで、情報漏えいや著作権侵害などの法的問題になる可能性や誤った情報を提供してしまう場合があるからです。

【ChatGPTを利用してホームページ作成を行う注意点】

  • 情報漏洩する可能性がある
  • 誤った情報を出力する可能性がある

ChatGPTに入力した情報はAIの学習データに使われる場合があるため、未発表の商品データを入力してしまうと、他の利用者の回答に使用される可能性があります。

ホームページ作成でChatGPTを利用する場合は、事前に扱う情報について「企業や顧客、個人に関する情報は入力しない」などのルールを決めておくのが良いです。

また、ChatGPTはユーザーのプロンプトに対して、正確性の欠けるもっともらしい嘘を回答する場合があります。ChatGPTの回答を活用する場合は、情報の真偽を確かめるようにしましょう。

なお、企業向け「ChatGPT Enterprise」では、利用者のデータが使われずセキュリティ面が強化され性能が高いため、業務でChatGPTを使う際は検討してみてください。

まとめ

ChatGPTは、ユーザーから送られてくるプロンプトを理解してホームページのコンテンツやHTMLなどを生成します。そのため、ChatGPTを活用することでホームページ制作業務の効率化が可能です。

ただし、公開できる品質のホームページを作成するには、人間の手によって機能の追加やデザインの修正などをする必要があります。ChatGPTを利用してホームページを作成するには、HTMLやCSS、JavaScriptなどの知識が必要になる点を留意しておきましょう。

この記事をシェアする

AIを活用した業務工数の削減 個社向けの開発対応が可能

専用カスタマイズされたAIが業務効率を飛躍させる

  • AIを使って業務を効率化させたいが、使い方が分からない
  • ChatGPTなどのAI技術を使ったプロダクトが具体的にどういうものがあるか知りたい
  • ChatGPTを自社に取り入れたいが、セキュリティ面に不安がある

独自開発、高い技術力を基盤に顧客ニーズと世界レベルのテクノロジーを持つプロダクト「JAPAN AI CHAT」が悩みを解決!

最新のAI技術を組み込むための技術・サポートを提供し、業務の効率化やコスト削減、さらには新たなビジネスチャンスの発見を実現します。

無料相談する

24時間いつでも相談可

資料ダウンロード

詳しい事例や料金を確認

メニュー