課題/業種別

【業務別】ビジネスにおけるChatGPTの活用事例10選

業務別ビジネスにおけるChatGPTの活用事例10選

ChatGPTをビジネスのどのような業務に活用できるのか調査している方もいるのではないでしょうか。ChatGPTはビジネスにおいて顧客への対応やバックオフィスまで様々な業務に活用できます。

当記事では業務別にChatGPTの活用事例10個ビックアップして解説しますのでChatGPTの導入を検討している方は、参考にしてみてください。

業務別にみるChatGPTの活用事例10選

ChatGPTは、ユーザーが送る指示を理解して適切な文章を生成するため、問い合わせ対応などのさまざまな業務に活用可能です。

【業務別にみるChatGPTの活用事例10選】
・問い合わせ対応
・メール作成
・SNS運用
・企画のアイデア出し
・記事作成
・マニュアル作成
・社内FAQ
・議事録作成
・翻訳作業
・プログラミング

問い合わせ対応への活用事例

カスタマーサポートを担当している部署では、電話やメールなど様々な媒体からの問い合わせ対応を行っています。人手不足によって問い合わせ件数がオペレーターの人数を上回り、問い合わせに対応しきれない場合や対応の品質にバラつきがあり顧客満足度の低下につながっていました。

そこで、ChatGPT APIを活用した自動応答システムを導入することで、事前に設定したよくある質問などのシナリオにより自動で顧客の問い合わせに対応ができるようになりました。これによって、顧客が返答を待つ時間が減り、自己解決できるケースが増えるため顧客満足度が向上されます。

また、問い合わせ件数が削減されオペレーターの負担が減るため、オペレーターが必要な問い合わせ対応の品質も安定します。なお、ChatGPTのほかにも問い合わせ対応を自動化する方法を解説していますので興味がある方は「問い合わせ対応を自動化する方法を解説」を確認してみてください。

メール作成への活用事例

ChatGPTをメール作成に活用することで、業務の効率化や品質の安定を図った事例です。

この事例では、メールのアイデア出しと校正作業にChatGPTを活用して、課題である時間と手間のかかるメール作成を解決するべく導入しました。その結果、定期的に内容を変える必要があるメルマガや営業メール作成の時間が短縮され他の業務に時間をあてられるようになりました。

また、ChatGPTの拡張機能であるプラグインを導入することで、メールの自動送信やメールのサンプル文を自動生成ができるため、業務効率化につながります。なお、ChatGPTを活用してメール作成を行うプロンプト例については「ChatGPTをメール作成に活用できる範囲とは?プロンプトを作るコツも解説」で詳しく解説しています。

SNS運用への活用事例

企業のマーケティング担当者は、SNSの運用を担当して主にSNS投稿やDM(ダイレクトメッセージ)の問い合わせ対応を担っています。しかし、顧客に読まれるような投稿内容やDMの返信内容を考えるなど、人の手によってすべて対応するには負担がかかっていました。

そこで、ChatGPTを導入しSNS投稿文の自動生成やDM返信のサンプル文作成に活用しました。これによって、投稿内容のネタ切れが起きづらくなくなり、DMの返信内容を考える時間が減ったことで担当者の負担も軽減されました。

また、SNSへの投稿内容を作成するほかにも、顧客が投稿したSNSのデータをAIによって分析し、マーケティング施策に活用することも可能です。AIをSNS運用に利用する方法に興味がある方は、「SNS運用においてAIを活用できる作業は?注意点も解説」を参考にしてみてください。

企画のアイデア出しへの活用事例

企画開発部署の担当者が企画のアイデアを考える業務を効率化するためにChatGPTを活用する例を解説します。

ChatGPTを導入して、アイデアを創出する手助けや壁打ちの役割として活用することができます。具体的には、アイデア候補を複数提案させる、考えているアイデアに対して様々な視点から意見を出してもらうなどです。

ただし、候補や意見として上がる意見の中には、誤った情報や検討外れな回答も含まれているため、うまく機能しない場合がある点には注意が必要です。

記事作成への活用事例

企業が運用しているオウンドメディアの記事作成にChatGPTのプロンプト機能を活用する事例を紹介します。

ChatGPTプラグイン機能「SEO.app」の導入によって作成したい記事のキーワードを指定することでSEO対策を施した記事になるようにアドバイスが受けられるようになります。また、既存記事を読み込ませることでSEO対策についての分析を行い、パフォーマンスを向上させるためのアドバイスを生成します。

なお、ChatGPTを活用した記事作成について知りたい方は、「ChatGPTで記事作成をするためのプロンプトと注意点を解説」を参考にしてみてください。

マニュアル作成への活用事例

ChatGPTを業務マニュアルの作成に活用した事例です。マニュアルをゼロから作成するのは、調査や資料集め、マニュアルの構成を考えるなどの業務が必要になるため時間がかかります。

そのため、ChatGPTを導入して、マニュアルの自動生成として活用することでマニュアル作成時間を減らすことにしました。

ChatGPTに業務プロセスや業務内容などを学習させる必要がありましたが、業務マニュアルのベースとなる部分は学習したデータをもとにChatGPTによって生成できるようになったため、マニュアルを作成するまでの工程を効率化することができました。

社内FAQへの活用事例

社内ヘルプデスクでは、社内のシステムに関した問い合わせや新たに開発した商材に関連する問い合わせの対応と他の業務を兼任して担当しています。新たな情報が増加することで、マニュアルのページ数は増え欲しい情報が見つからず従業員による社内ヘルプデスクの問い合わせ対応が増えてしまい対応が追い付かないことが課題でした。

そのため、ChatGPTを活用し社内FAQシステムを構築することで、従業員の疑問を自己解決に導けれるようにしました。これにより、社内ヘルプデスクの問い合わせの件数は減り、兼任している業務に時間をあてられるようになりました。

また、ChatGPTによって社内FAQの質問文や回答が自動生成されるため、作成者は社内FAQの確認と修正を行うのみになり作業工数を少なくすることが可能です。

議事録作成への活用事例

営業部署では、情報共有のために週1回定期的にミーティングを実施していました。しかし、ミーティング中に手書きやパソコンなどでメモを取ると聞き逃しによる記入漏れ、記入ミスがあり議事録の作成には長い時間が必要でした。

そこで、ChatGPTと音声認識システム「Whisper」を組み合わせ導入することで、ChatGPTを文字起こしとして活用しました。これによって、ミーティング中の会話をリアルタイムで文字起こしされ長時間かかっていた議事録作成の負担を軽減することに成功しました。

翻訳作業への活用事例

メールの問い合わせ対応を担っていたオペレーターは、海外から送られてくる問い合わせも担当していました。しかし、さまざまな言語で送られるメールの件数が多く、翻訳ができない担当者もいるため日によっては対応しきれない場合があります。

そのため、多言語に対応しているChatGPTを導入して問い合わせメールの翻訳作業の手助けとして活用しました。これにより、翻訳作業が苦手なオペレーターも一人で対応することができました。

ChatGPTの翻訳の精度は高く迅速に提供されるため、海外の言語を調べて翻訳する時間の短縮にもなります。

プログラミングへの活用事例

アプリ開発会社のプログラマーは、プログラミング作業や社内で実施している新人教育の教育係を担当しています。しかし、プログラミング業務にはコードの生成やコードレビューといった作成者以外が行うバグチェックなどに思ったより時間がかかってしまうことが課題でした。

そのため、課題である時間を短縮するために、コード生成やコードレビューのアシスタントとしてChatGPTを導入しました。その結果、迅速にコードが生成されコーディングの手間を省き、コードレビュー作業も一人で行えるため仕事が進めやすくなりました。

また、新人教育の際にChatGPTを活用することで、新入社員が行ったコーディングのアドバイスやコード解説が瞬時に提示され技術力の向上に役立ちます。

ビジネスへChatGPTを活用する際の注意点

ビジネスへChatGPTを活用する際の注意点を確認しましょう。ChatGPTを導入する前に注意点を確認することで、重要な情報を流失するなどのリスクを抑え、自社に合った対処方法を検討できるからです。

【ビジネスへChatGPTを活用する際の注意点】
注意点 概要
情報漏洩のリスクがある ・重要な情報(個人情報、機密情報、企業情報など)をプロンプトに入力した場合、学習データに使われる可能性がある
・ChatGPTの情報の扱いなどのルールを決めておく
回答が正確ではない場合がある ・正確性がない情報、誤った情報、倫理性に欠けた表現が回答結果に含まれる可能性がある
・著作権侵害、プライバシー侵害に該当する回答が提示される可能性がある

たとえば、ChatGPTは利用者が送った情報を使って学習するため、企業や個人に関わる重要な情報をプロンプトに入力してしまうと、他の利用者に情報が流失してしまう可能性があります。そのため、ビジネスにてChatGPTを活用する場合、重要な情報は入力しないや活用する業務の制限を決めるなどChatGPTのマニュアルを作成しましょう。

また、ChatGPTはネットの情報や利用者から送られる情報の中からプロンプトに最も関連性のある回答をAIの判断で選ぶため、著作権侵害に該当する情報や倫理性に欠けた文章になる場合があります。ChatGPTの回答を業務で使う際は、そのまま使わず情報を調べるなどの最終確認と手直しを必ず行いましょう。

まとめ

ChatGPTの活用事例はさまざまな業務で使われているため、業務ごとに異なった使い方があります。問い合わせ対応や議事録作成、プログラミング作業などそれぞれChatGPTを活用することで作業にかかる時間やコストの削減、担当者の負担も軽減するため業務効率化につながります。

また、ChatGPTには無料版や有料版であるChatGPT Plusの拡張機能プラグインにより外部ツールの連携など、ChatGPTの導入のやり方によっては企業独自の活用が可能です。

しかし、ChatGPTは有料版であっても回答結果が誤った情報になる場合もあります。そのため、ChatGPTを利用する際はリスクを抑えられるため、あらかじめ情報の扱いなどのルールを決めるといった工夫をしましょう。

この記事をシェアする

AIを活用した業務工数の削減 個社向けの開発対応が可能

専用カスタマイズされたAIが業務効率を飛躍させる

  • AIを使って業務を効率化させたいが、使い方が分からない
  • ChatGPTなどのAI技術を使ったプロダクトが具体的にどういうものがあるか知りたい
  • ChatGPTを自社に取り入れたいが、セキュリティ面に不安がある

独自開発、高い技術力を基盤に顧客ニーズと世界レベルのテクノロジーを持つプロダクト「JAPAN AI CHAT」が悩みを解決!

最新のAI技術を組み込むための技術・サポートを提供し、業務の効率化やコスト削減、さらには新たなビジネスチャンスの発見を実現します。

無料相談する

24時間いつでも相談可

資料ダウンロード

詳しい事例や料金を確認

メニュー