課題/業種別

ChatGPTを活用した記事作成の流れと注意点を解説

ChatGTPはOpenAIが開発した大規模言語モデルを使ったチャットツールです。ユーザーの入力した質問に対して人間のように対話可能なだけでなく、自然な文章を生成できるため、記事作成への活用も注目されています。

当記事ではChatGPTを記事作成へ活用する方法を解説します。活用例に沿ったプロンプト例や具体的な本文を作成するコツも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ChatGPTを活用した記事作成の流れ

ChatGPTを活用して記事を作成する際は、段階的に作業を進めるようにしましょう。記事作成の流れを一つずつ進めることで、ペルソナや記事のテーマが明確になり記事の品質を高めることができます。

【ライティングへのChatGPT活用例】

  • ペルソナの設定
  • タイトル案の作成
  • リード文の作成
  • 見出しの作成
  • 見出しの概要作成
  • 記事本文の作成
  • 作成した記事の校正

なお、当記事で紹介する記事作成の流れは、ChatGPTの有料プランと無料プランどちらでも実行できるものになっています。

ペルソナの設定

ChatGPTを活用した記事作成において、最初のステップは想定読者のペルソナを設定することです。このプロセスを通じて、記事の内容が誰に向けたものかを明確にし、その結果、読者に響く質の高いコンテンツを生み出すことが可能になります。

【ペルソナ設定の際に使えるプロンプト】

  • 対象読者の人物像(年齢、性別、職業、興味・関心事など)
  • 読者が解決したい問題
  • 読者のニーズ

【ペルソナ設定のプロンプト例】

キーワード「ChatGPT とは」のペルソナを設定してください。

#必要な項目

「職業」「年齢層」「読者が解決したい問題」

【ChatGTPによるペルソナの出力】

ChatGPTの出力結果:ペルソナ

ペルソナ設定を行うことで、記事作成における方向性が明確になり、より一貫性のある、ターゲットに響くコンテンツを生み出すことができるようになります。

タイトル案の作成

ChatGPTを活用して記事タイトル案を作成する際は、事前に設定したペルソナをプロンプトに含めます。また、Google検索でキーワードを打ち込んだときに表示される、変換候補(オートコンプリート候補)をプロンプトに含めることで、生成される回答の幅を広げることができます。

【タイトル案のプロンプト例】

あなたはプロのライターです。

以下の内容をもとに「#キーワード」を含めた記事タイトル案を10個作成してください

#ペルソナ
職業: マーケティング担当者

#キーワード
chatgpt とは

#オートコンプリート候補
chatgpt とは 略
chatgpt とは何か
chatgpt とは わかりやすく

【タイトル案の出力結果】

ChatGPTの出力結果:タイトル案

なお、イメージにあったタイトル案が生成されない場合は、再生成を依頼することで新たなタイトル案を何度でも生成できるため試してみてください。

見出しの作成

ChatGPTを活用して記事の見出しを作成する際は、見出しの方向性がブレないように「タイトル」をプロンプトに含めます。また、記事作成に際に使用しているテンプレートやレギュレーションがある場合は、見出しにつけるタグや出力例をプロンプトに含めることで、出力結果を調整可能です。

【見出し作成のプロンプト例】

あなたはプロのライターです。

「ChatGPTの基礎知識:マーケティングでの活用方法を紹介」の見出し案を提案してください。

#条件
大見出し「h2」、中見出し「h3」

#出力例
タイトル:~~~~
<h2> ~~~~
<h3>~~~~
<h3>~~~~

【ChatGTPによる見出しの出力】

ChatGPTの出力結果:見出し案

見出しの概要作成

ChatGPTを活用した記事作成において、見出しの概要作成は、本文の内容を具体的にするために必要な作業です。

また、見出しの概要を作成する際には、以下のようなプロンプトを加えることで、概要の内容を指定することも可能です。記事本文に含めたい内容をイメージ出来ている場合は、プロンプトの条件に指定してみましょう。

  • 記事の目的: 記事を通じて達成する目的や読者に提供したい主となる情報
  • サブキーワード: オートコンプリート候補や関連キーワード など
  • 参考となる情報源:記事の参考となる論文や専門家の意見 など

【見出しの概要作成のプロンプト】

あなたはプロのライターです。

各見出しに必要な情報を箇条書きで記載してください。

#見出し
※見出しをすべて貼り付ける

【見出し概要の出力結果】

ChatGPT出力結果:見出しの概要

リード文の作成

リード文とは、記事の導入文のことで、記事の内容に興味を持たせるためのきっかけとなる文です。ChatGPTを活用してリード文を作成する際には、記事のタイトルと見出し案をプロンプトに含めましょう。

【リード文の作成のプロンプト】

あなたはプロのライターです。

以下の内容をもとに、読者が読み進めたくなるような導入文を作成してください。

#条件
キーワードを含める

#キーワード
ChatGPT とは

#構成
タイトル: ChatGPTの基礎知識:マーケティングでの活用方法を紹介
<h2> ChatGPTとは何か?
<h3>ChatGPTの概要
<h3>ChatGPTの技術的背景
<h2> マーケティングへのChatGPTの活用方法
<h3>コンテンツ作成

【ChatGPTによるリード文の作成の出力結果】

ChatGPT出力結果:リード文

本文の作成

ChatGPTを活用した本文作成は、見出しを1つずつ指定して行います。すべての見出しを1度に作成すると、本文の内容を修正する際のやりとりがしづらくなるためです。

本文を作成するプロンプトには作成した「見出し名」と「アウトライン」を含めましょう。また、文字数を指定することで、出力される文章の長さをある程度調整可能です。

ただし、指定した文字数ぴったりの文章を作成することはできません。文字数に決まりがある場合は、生成された文章を手作業で修正するようにしましょう。

【本文作成のプロンプト】

以下の「#見出し」の本文を250文字〜400文字で作成してください。

#見出し
<h3>ChatGPTの概要

アウトライン:

  • GPT(Generative Pre-trained Transformer)の略であり、OpenAIによって開発された自然言語処理モデル。
  • トランスフォーマーと呼ばれる深層学習モデルの一種。
  • 大規模なデータセットを用いて事前に訓練されたモデルであり、文脈を理解して自然なテキストを生成することができる。

【見出し「ChatGPTの概要」の本文出力例】

ChatGPT出力結果:本文

なお、ChatGPTが作成した本文は、抽象的な表現や一般的ではない単語などの利用によって読者が理解しづらい内容になっている場合があります。わかりづらい文章があった際は、具体例の追加や表現の修正を依頼しましょう。

本文の内容を具体的にするコツ

ChatGPTを活用して作成した本文を具体的にするためのコツは、「明確な指示を与えること」です。

たとえば、抽象的でわかりづらい文章がある場合は、対象の文章を抜き出して具体例の追記を依頼します。また、一般的に使用されない言い回しや単語がある場合も、文章を指定して修正を依頼します。

【具体例を追記するプロンプト】

次の文章の具体例を本文に追記してください。

””” 特にマーケティング分野では顧客とのコミュニケーションやコンテンツの生成に活用されています。”””

#本文
※本文を張り付ける

【ChatGPTの出力結果】

ChatGPT出力結果:本文の追記

最下段に依頼した具体例が追記されました。このようにChatGPTへ明確な指示を出す事で文章を具体的にしていくことができます。

なお、有料プランを契約している場合は、「根拠となるURL」の追記を依頼する事で、より具体的な事例を追加できます。

作成した記事の校正

本文を作成したらChatGPTを活用して記事の誤字脱字やわかりづらい言い回しを修正する校正を行います。記事の校正は、正確で読みやすいコンテンツを提供するために不可欠なステップです。

ChatGPTを活用した校正を行う際は、変更箇所もあわせて出力するようにしましょう。変更した意図や変更内容を把握しやすくなります。

【ChatGPTによる校正のプロンプト】

以下の「#本文」を校正してください。

  • 誤字脱字や難しい表現の言い換え
  • 変更箇所を出力する

#本文

※校正する文章を張り付ける

【ChatGPTの出力結果】

ChatGPT出力結果:文章校正

ChatGPTを記事作成に活用する際の注意点

ChatGPTをライティングに活用する際の注意点を確認しておきましょう。

【ChatGPTを活用する際の注意点】

  • 誤った情報を生成する可能性がある
  • 無料プランは最新情報に対応していない

誤った情報を生成する可能性がある

ChatGPTは、学習したデータに誤りがあったり、プロンプトの解釈を誤ったりすることで、事実と異なる回答を生成する場合があります。そのため、ChatGPTが出力した回答を記事に使用する際は情報を精査するようにしましょう。

特にSEO対策記事を作成する場合には、Googleが提唱するE-E-A-T(専門性、エクスペリエンス、権威性、信頼性)を満たすコンテンツを作成する必要があります。ChatGPTが出力した情報を鵜呑みして記事を作成した場合、信頼性の低いコンテンツになってしまう可能性があります。

そのため、ChatGPTが出力した情報をそのまま使用せず、必ず内容の正誤を確認するようにしましょう。

ChatGPTの無料プランは最新情報に対応していない

ChatGPTの無料プランで利用できる「GPT3.5」は、最新データや情報の更新が行われていないため、ユーザーは最新の情報を得ることができません。

たとえば、最近の国際的なニュースや技術の進歩に関する情報をChatGPTに問い合わせた場合、無料プランでは回答できない場合があります。これは、ChatGPTが学習したデータセットが、2021年の9月までのものだからです。

ChatGPTを活用して最新情報を取り入れた記事を作成する場合は、ChatGPT Plusなどの有料プラン契約を検討しましょう。

まとめ

ChatGPTを活用した記事作成では、「ペルソナ設定」から始まり「タイトル案の作成」「見出しと概要の作成」「リード文の作成」「記事本文の作成」の一連のステップを経ています。

手順に従って記事を作成することで、対象となる読者の課題やニーズに合う記事を作成できます。また、本文の内容が具体的になるため、記事の品質も向上します。

ただし、ChatGPTは誤った情報を出力する可能性や古い情報を参考にした回答が生成される場合があります。そのため、ChatGPTを活用して作成した記事は、かならず人間が回答内容を精査するようにしましょう。

この記事をシェアする

 
      

AIを活用した業務工数の削減 個社向けの開発対応が可能

   

事業に沿った自社専用AIを搭載できる「JAPAN AI CHAT」で業務効率化!

   

資料では「JAPAN AI CHAT」の特徴や他にはない機能をご紹介しています。具体的なAIの活用事例や各種業務での利用シーンなどもまとめて掲載。

無料相談する

24時間いつでも相談可

資料ダウンロード

詳しい事例や料金を確認

メニュー