課題/業種別

ChatGPTで記事作成をするためのプロンプトと注意点を解説

ChatGPTで記事作成をするためのプロンプトと注意点を解説

近年では、ChatGPTを文章関連の業務に活用する方が増えています。ChatGPTは記事のアイデア出しや校正にも使え、効率よく執筆することが可能です。

当記事ではChatGPTを記事作成に活用する方法を解説します。プロンプト例や注意点も紹介するので、ChatGPTを記事作成に活用することを検討している方は、参考にしてみてください。

ChatGPTで記事作成するためのプロンプト

ChatGPTで記事作成するためのプロンプト例をご紹介します。ChatGPTは、利用者が送ったプロンプト(指示文)をもとに、蓄積された学習データに基づいた回答を提示することができます。

ChatGPTを記事作成に活用できるプロンプト例】

・アイデア出しのプロンプト
・文章作成のプロンプト
・校正のプロンプト

たとえば、記事のタイトルを作成したい場合、プロンプトに記事のキーワードやジャンルなどを指定することでタイトル候補となるアイデアが提示されます。また、記事作成の考えがまとまらない場合は、思いついたアイデアやタイトルなどに関する評価を依頼することもできます。

SEO対策をした記事を作成する場合は、「SEO対策をする」という条件やターゲットである読者の属性などを入力します。SEOとは検索エンジンからのアクセス数向上を目的に、GoogleBingなどの検索システムに評価されるための施策を行うことです。

AIによるSEO対策については「AI生成コンテンツはSEOに活用できる?使えるAIやメリットデメリットを解説」で詳しく解説していますので確認してみてください。

ChatGPTを活用した記事のアイデア出しのプロンプト例

ChatGPTを活用して記事のタイトルや見出しなどのアイデア出しをする際は、プロンプト例を参考にしてみてください。

ChatGPTを活用した記事のアイデア出しのプロンプト例】
#命令書:あなたは優秀な執筆者です。

次のキーワードに適した記事のタイトルと構成案を5つ考えてください。

#キーワード:
ChatGPT ビジネス

【記事のアイデア出しの結果例】
タイトル4:「ChatGPTがもたらすビジネスの効率化とコスト削減」

構成案:

1 イントロダクション
2 ChatGPTを使った業務プロセスの自動化
3 ChatGPTによる効率化と品質向上
4 ChatGPTと従業員の協業
5 ChatGPTの導入に伴うコスト削減の実例
6 ビジネスへのROI(投資対効果)を最大化する方法
7 ビジネス業界別のChatGPTの適用事例
8 インフラストラクチャとセキュリティへの対応
9 結論

タイトルなどのアイデア候補を生成したい場合、キーワードや記事の内容、ターゲットなどの詳細な情報をプロンプトに入力しましょう。また、記事のテーマから考えたい場合は、「記事のテーマを考えてください」という指示に変えることで、指定したキーワードに合った記事のテーマ候補も提示されます。

なお、条件にタイトルの文字数制限や「SEO対策を意識したタイトル」などの指示を入力することで、求めている回答結果につながります。

記事本文を作成するためのプロンプト例

ChatGPTを活用した記事本文を作成する際は、プロンプト例を活用してみてください。

ChatGPTを活用した記事の文章作成のプロンプト例】
#命令書:

あなたは、優秀なWEBライターです。

以下の条件と情報をもとに、記事の本文を書いてください。

#タイトル:ChatGPTがもたらすビジネスの効率化とコスト削減」

#キーワード:
ChatGPT、ビジネス

#条件:
・[初心者でも分かりやすい文章]
・[専門用語を用いる場合はその解説を入れる]

「記事の本文を書いてください」の指示を入力する際、本文という言葉をリード文に変えることで記事の導入文の作成も可能です。

また、見出しごとの文章を作成する場合、「#見出し h: ChatGPTを使った業務プロセスの自動化」というように見出し項目を追加し、見出しごとに本文を書くなど命令書の指示を変更することで、見出しごとに文章が作られます。

文字数が決まっている記事を作成する場合は、条件に文字数の指定をします。

なお、ChatGPTの生成する文章は、内容や表現に誤りがある可能性があるため、担当者が生成された内容を確認してから記事に利用するようにしましょう。

ChatGPTを活用した記事の校正のプロンプト例

ChatGPTをによって誤字脱字などを校正する際に活用できるプロンプト例です。

ChatGPTを活用した記事の校正のプロンプト例】
#命令書

あなたは優秀な文章の校正者です。私が提供する文章を校正し、その結果とともに校正のポイントを教えてください。

#目的:
私の文章の質を高めたい

#情報:
・元の文章:

#条件:
・文章の意味を変えないように校正を行うこと
・専門用語や固有名詞はそのままにすること

#出力:
元の文章:

校正後の文章:

校正のポイント:

【ChatGPTによる校正結果】
・元の文章:

ChatGPTを使た業務プスの自動化

ビジネス界において自化は効率化とコスト削減の鍵となっています。ChatGPTという新しいテクノロは、その可能性を大きく広げあります。この記事では、初心者にとってわかりやすい言葉ChatGPTを使った業務プロセスの自動化について検討します

校正後の文章:
ChatGPTを使った業務プロセスの自動化

ビジネス界において、自動化は効率化とコスト削減の鍵となっています。ChatGPTという新しいテクノロジーは、その可能性を大きく広げています。この記事では、初心者にもわかりやすい言葉でChatGPTを使った業務プロセスの自動化について検討します。

補正のポイント:
1 「自動化」を「自動化」に訂正しました。誤字を修正しました。
2 「テクノロ」を「テクノロジー」に修正し、省略した部分を補完しました。
3 初心者向けの表現を追加して文章をわかりやすくしました。
4 ChatGPTの説明名では、専門用語や固有詞はそのまま残しました。

校正する際は、「文章の意味を変えない」という条件をいれておくことで、文章の内容を変更せずに校正された文章が生成されることを期待できます。

ただし、ChatGPT無料版やChatGPT Plusなどには、一度にプロンプトに入力できる文字数の制限があり、制限を超える文章の場合は一度にすべての回答を生成することができません。そのため、校正を行う記事を分けて送るなどの対策が必要になる点に留意しておきましょう。

ChatGPTを記事作成に利用する注意点

ChatGPTを記事作成に利用する際には、いくつか注意点を把握しておく必要があります。ChatGPTの利用によって情報漏洩や誤った情報の提供に繋がってしまう可能性があるためです。

ChatGPTを記事作成に利用する注意点】
注意点 理由
プロンプトに重要な情報を入力しない ・学習データとして利用される可能性がある
回答結果が正確とは限らない ・誤った情報や倫理性に欠けた表現の場合がある
・著作権侵害に該当する場合がある

たとえば、入力した情報がChatGPTの学習データに使われる場合があるため、プロンプトに未発表の商材などの機密情報を入力してしまうと、他の利用者の回答に使用される可能性があります。

また、学習データが偏っている場合や誤っていた場合などに、ChatGPTが事実とは異なる回答を生成する可能性もあります。そのため、ChatGPTの回答を利用する際は、内容に誤りがないか表現は適当かなどを担当者によって確認しておきましょう。

SEO記事を生成する際はユーザーのためになるか確認する

ChatGPTによってSEO記事を生成する際は、作成した記事がユーザーに役立つオリジナルかつ高品質のコンテンツになっているか確認しましょう。検索システムを提供しているGoogleは、コンテンツの制作方法ではなく、ユーザーにとって有用性のある品質が高いコンテンツを評価していると公表しているためです。

なお、GoogleAI生成コンテンツに関する情報を確認したい方は、Google検索セントラルブログ「AI 生成コンテンツに関する Google 検索のガイダンス」を確認してみてください

記事作成に活用できるプラグインもある

記事作成に活用できるChatGPTのプラグイン機能もあります。ChatGPTのプラグイン機能は、有料プランに契約しているユーザーが利用できます。

ChatGPTプラグイン機能】
プラグイン機能 できること
SEO.app ・指定したキーワードによってSEO記事を作成
・既存記事を分析して、SEO記事になるような改善点のアドバイスが提案される
AIPRM for ChatGPT ・プロンプトのテンプレート(4033種類)の中から記事作成を選ぶことで記事が自動生成される
ChatBlog ・キーワードからブログ記事を生成
・ブログのフィードバックが出力される
・作成したブログを公開

たとえば、SEO.appでは「ChatGPT 営業」というキーワードを指定しプロンプトを入力することで、SEO対策された記事の文章が作成されます。既存記事に対し、アドバイスを求めることで分析が行われSEO対策の記事になるように改善案が提示されます。

また、ChatGPTのプラグイン機能は外部のツールと連携が可能になり、Google Chromeの拡張機能「AIPRM for ChatGPT」を活用することができます。たとえば、AIPRMでは全4033種類のプロンプトのテンプレートがあり、そこから記事作成のプロンプトを選びキーワードを設定することで、自動で記事の文章が作れます。

ほかにも、ブログ記事のアイデア出しとして使用できるChatBlogといったプラグイン機能もあります。ChatGPTのプラグイン機能は、記事作成の効率化に使えるため、ChatGPT Plusを利用する場合はプロンプトの利用を検討をしてみましょう。

まとめ

ChatGPTを導入して記事作成に活用する場合、アイデア出しやアドバイス、校正などさまざまな作業で使うことができるため効率化につながります。

ChatGPTを記事作成に活用できるプロンプトには「アイデア出しのプロンプト」や「文章作成のプロンプト」などがあり、利用することで執筆作業の支援として役立ちます。しかし、ChatGPTには重要な情報をプロンプトに入力しないなどの注意点があり、活用する際には情報の扱いのルールを決めるなどの工夫をしましょう。

また、ChatGPTではSEO記事の作成も可能であるため、検索システムであるGoogleの評価が気になる方はユーザー第一の記事になっているのか意識しながら記事作成を行ってみましょう。

なお、ChatGPTには無料版のほかにも有料版「ChatGPT Plus」のプラグイン機能といった記事作成の手助けとなる機能が備わっています。ChatGPTの導入前には、注意点に気を付けて記事作成にどう利用するのか活用方法を決めましょう。

この記事をシェアする

AIを活用した業務工数の削減 個社向けの開発対応が可能

専用カスタマイズされたAIが業務効率を飛躍させる

  • AIを使って業務を効率化させたいが、使い方が分からない
  • ChatGPTなどのAI技術を使ったプロダクトが具体的にどういうものがあるか知りたい
  • ChatGPTを自社に取り入れたいが、セキュリティ面に不安がある

独自開発、高い技術力を基盤に顧客ニーズと世界レベルのテクノロジーを持つプロダクト「JAPAN AI CHAT」が悩みを解決!

最新のAI技術を組み込むための技術・サポートを提供し、業務の効率化やコスト削減、さらには新たなビジネスチャンスの発見を実現します。

無料相談する

24時間いつでも相談可

資料ダウンロード

詳しい事例や料金を確認

メニュー