課題/業種別

ChatGPTが活用できるマーケティングの業務と効果を高めるコツを解説

ChatGPTが活用できるマーケティングの業務と効果を高めるコツを解説

生成AI技術の進歩によって企業におけるChatGPTの活用が注目されています。時代や環境の変化とともに顧客ニーズは複雑化し、マーケティングデータの膨大化や担当者の人材不足などからChatGPTのマーケティング活用が求められているためです。

当記事では、ChatGPTが活用できるマーケティングの業務と効果を高めるコツを解説します。ChatGPTを自社のマーケティングに活用したい方は参考にしてみてください。

ChatGPTが活用できるマーケティングの業務

マーケティングの業務を大きく3つに分け、ChatGPTがそれぞれの業務でどのように活用できるか確認してみてください。ChatGPTの用途や活用例を把握することで自社に導入した場合の活用イメージが掴みやすくなります。

【ChatGPTが活用できるマーケティングの業務】
マーケティングの業務 ChatGPTの用途
データ収集と分析 顧客の行動データや商品データなどを収集し分析する

例:顧客行動データの収集と分析、商品データの収集・分析、競合分析、市場調査など

施策の立案と実行 データに基づいた最適な施策を立案し実行する

例:コンテンツ制作、広告配信、キャンペーン設計、顧客接点(タッチポイント)の強化など

効果測定と改善 マーケティング施策の効果を測定し改善する

例:広告の効果測定、コンテンツの効果測定、キャンペーンの効果測定、顧客接点の効果測定など

ChatGPTはビッグデータから傾向やパターンを抽出することが得意で、膨大で複雑なデータの利活用が求められるマーケティングとの親和性が高い特徴があります。そのため、ChatGPTをマーケティングに活用すると高度なデータ収集と分析が可能になります。

たとえば、顧客の属性や行動を分析したセグメント分けで顧客のニーズに合った商材を提案したり、顧客の購買意欲が高まるようなコンテンツを作成して配信したり、顧客からのフィードバックを集めて施策の改善を行ったりなどがあります。

このように、ChatGPTはマーケティングにおいて人間に深い洞察や多角的な視点を与えてくれます。なお、AIを活用したマーケティングについては「AIを活用したマーケティングとは?メリットデメリットや活用事例を解説」でも詳しく解説しているため参考にしてみてください。

ChatGPTを活用してマーケティングの効果を高めるコツ

ChatGPTを活用してマーケティングの効果を高めるためには、コツを押さえて運用することが重要です。ChatGPTは汎用性に優れ、アイデア次第で多目的に使えるツールであるためです。

ChatGPTの豊富な機能の中からマーケティングに特化した機能を使いこなし、自社のマーケティングにおける施策の立案や運用を効果的に行いましょう。

ChatGPTを活用してマーケティングの効果を高めるコツ】
・プラグインを用途に応じて使い分ける
・プロンプトの回答精度を高める
・プロンプトのテンプレートを使用する

プラグインを用途に応じて使い分ける

ChatGPTを活用してマーケティングの効果を高めるために、プラグインを用途に応じて使い分けましょう。ChatGPTには特定のタスクを効率的に実行するためのプラグイン(拡張機能)が用意されているためです。

ChatGPTは有料版の「ChatGPT Plus(月額20ドル)」に登録するとプラグインを含むChatGPTの全機能が利用可能になります。より複雑な質問に対する答えや最新情報を要求する場合などは用途に適したプラグインと連携させるとChatGPTのパフォーマンスが向上します。

たとえば、最新のニュースが確認できるニュースプラグインや多言語翻訳ができる翻訳プラグイン、Web上の情報を検索できる検索プラグインなどがあります。

なかでもプロンプトを最適化するサポートプラグインは、ユーザーが入力した質問を再構成して理解しやすい形に改善してくれるため、ChatGPTの応答品質を高めることができます。

マーケティングに適したChatGPTのプラグインの種類と特徴を把握し、用途に応じて使い分けましょう。

プラグインの種類と特徴

マーケティングに適したChatGPTのプラグインを選ぶために種類と特徴を把握しましょう。

プラグインを用途に応じて使い分けるとマーケティング施策にかかる手間や時間が効率化し、施策の効果や顧客体験の向上が期待できるためです。

ChatGPTのプラグインの種類と特徴】
種類 特徴
Link Reader WebページやPDFWordファイルなどの豊富な種類のリンク元から情報を抽出し、内容の要約や解説をする
SEO Core AI WebサイトのSEOパフォーマンスを評価し、キーワードの選定など改善のための具体的な提案を行う
Yabble マーケティングリサーチに特化し、市場調査や意見収集、トレンド分析、製品比較などを行う

ChatGPTのプラグインを使用するとSEO対策やマーケティングリサーチなど用途に特化した機能が拡張できます。

たとえば、メール配信やチャットボット用のプラグインは年中無休の24時間対応も可能になることから顧客への対応スピードが上がり、顧客対応品質の向上につながります。

また、SNSの情報を効率的に収集できるプラグインは特定のキーワードやハッシュタグ、ユーザー名などに関連する投稿を検索し、最新情報やトレンドをいち早く把握できます。

このようにChatGPTのプラグインは用途に応じて必要な機能を追加したり効果を高めたりすることができます。プラグインの種類と特徴を把握して使い分け、自社のマーケティング活動を活性化しましょう。

プロンプトの回答精度を高める

ChatGPTを活用してマーケティングの効果を高めるためには、プロンプトの回答精度を高めることが重要です。ChatGPTの回答精度はAIに動作を促す際の指令文となる「プロンプト」に左右されるためです。

ChatGPTは人間のような自然な対話を生成できますが、人間の感情や曖昧な表現から質問の意図を汲み取った回答はできません。ChatGPTが理解しやすいプロンプトを作ることで回答精度を高めていきます。

【プロンプトの回答精度を高める方法と効果】
回答精度を高める方法 効果
質問を具体的かつ明確にする 具体的な数字や用語を入れるとChatGPTがより関連性の高い回答を生成しやすくなる
質問や指示を簡潔に記述する ChatGPTは長文が苦手なため、複数の文に分けるなどして簡潔な記述を心がけるとプロンプトが理解されやすくなる
関連情報を提供する ChatGPTは学習データに基づいて回答を生成するため、関連情報を提供して学習を促すと回答精度が高まる
段階的に質問する ChatGPTに求める回答の範囲を絞り込み、質問を重ねていくと回答精度が高まる
複数の回答を比較検討する ChatGPTは複数の回答を生成できるため、それぞれの回答を比較検討すると最適な回答が選択できる

ChatGPTのプロンプトには前提条件や役割設定、回答形式などを明示すると回答精度が高まります。簡潔な記述や段階的な質問を心がけ、必要に応じて補足情報を重ねるなどしてChatGPTの理解を深めることが重要です。

たとえば、「マーケティング戦略の立て方」というプロンプトを「新規顧客の獲得を目的としたマーケティング戦略の立て方」に変えた場合、ターゲットが絞られることによって目的がより明確になり、イメージに近い戦略が構築できます。

さらに、マーケティングの基礎知識や成功事例などの関連情報も補足として提供すると、ChatGPTはより有益な回答を生成しやすくなります。

なお、OpenAIWebサイトではChatGPTの使用におけるガイドラインが「GPT best practices」として公開されています。ChatGPTを利用する方は参考にしてみてください。

プロンプトの種類と特徴

ChatGPTプロンプトは種類と特徴を把握して使い分けると作業効率や回答精度が高まります。ChatGPTのプロンプトには求める回答によって適した形式があるためです。

ChatGPTのプロンプトの種類と特徴】
種類 特徴
Zero-shotプロンプト ・例(shot)を提示せずにChatGPTに直接応答を求める初歩的なプロンプト
・プロンプト入力がシンプルで単純なタスクやLLMが学習済みのタスクなどに適している
Few-shotプロンプト ・いくつかの例(few shot)を提示するプロンプト
Zero-shotプロンプトで適切な回答が得られない場合などに用いられ、複雑なタスクやChatGPTが学習したことのないタスクなどに適している
CoTプロンプト ・具体的な手順を指示して順を追って思考させるプロンプト
・段階的にタスクの意図を理解させることで正確な推論に導く
Few-shotプロンプトと組み合わせて「例」と「手順」を両方提示すると回答精度が高まる
Zero-shot CoTプロンプト Zero-shot プロンプトと CoT プロンプトを組み合わせたプロンプト
・例は提示せずに指示のみを入力し、末尾に「ステップごとに回答してください」などの一文を追記してChatGPTの思考を促す
ToTプロンプト CoTプロンプトの回答精度をさらに高めるために生成と評価を繰り返すプロンプト
・生成された回答を目的やゴールを基に評価させ、修正や微調整を行いながら回答精度を高める
ReActプロンプト ・推論(Reasoning)行動(Acting)観察(Observation)を繰り返してタスクの実行結果をフィードバックさせるプロンプト
・推論後に具体的な行動を示し、タスクの実行結果を反映することで回答精度を高める

ChatGPTの基盤である大規模言語モデル (LLM)は、プロンプトからの情報なしで学習済みの膨大なデータを基にタスクの処理が可能です。しかし、ChatGPTタスクの意図を理解しにくいと処理能力が低下するため、目的に応じたプロンプトを選択する必要があります。

プロンプトを最適化する技術を「プロンプトエンジニアリング」といいます。マーケティングでは、ターゲット層のニーズや課題を明確に引き出すことや商材の魅力を分かりやすく伝えること、顧客の購買行動を促すことなどが実現できるプロンプトの作成が求められます。

なお、ChatGPTのプロンプト作成のコツや活用例を知りたい方は「ChatGPTのプロンプトを作成する4つのコツと活用例を解説」を参考にしてみてください。

プロンプトのテンプレートを使用する

ChatGPTのプロンプトは様々な用途に応じてテンプレートを使用すると作業効率が上がります。プロンプトの実行に必要となる情報をテンプレートに書き起こしておくことでChatGPTに素早い指示ができるためです。

マーケティングに特化したプロンプトは、目的やターゲットを明示した具体的な指示設定を必要とします。そのため、目的に応じて複数のテンプレートを用意しておくと様々な場面に適応できるようになります。

【テンプレートの用途例】
・コンテンツのアイデア出し
・マーケティング施策の立案
・顧客理解の深化
・競合分析 など

プロンプトのテンプレート作成例

ChatGPTのプロンプトのテンプレートを目的に応じて準備しましょう。テンプレートを使用すればChatGPTに不慣れな方でもコンテンツ生成が可能になり、チームで共有することで一定のクオリティを維持しながら効率的に作業が進められるようになります。

【テンプレート例1:コンテンツのアイデア出し】
プロンプト テンプレート
新商品の認知度を向上させる施策を考えています。
対象となる20代女性の興味関心を踏まえて、新商品の魅力を訴求するコンテンツのアイデアを提案してください。
ターゲット:20代女性
目的:新商品の認知度向上指示:ターゲットの興味関心を踏まえて新商品の魅力を訴求するコンテンツのアイデアを提案してください。

ChatGPTは長文理解が苦手なため、カテゴリ別にキーワードを指定してプロンプトを簡潔にすると回答精度が高まります。

【テンプレート例2:マーケティング施策の立案】
プロンプト テンプレート
中小企業経営者のニーズを踏まえ、新規顧客の獲得につながる効果的なマーケティング施策の立案をお願いします。 ターゲット:中小企業経営者
目的:新規顧客の獲得指示:ターゲットのニーズを踏まえ、競合他社や自社の強み・弱みを反映したマーケティング施策の立案をお願いします。
なお、回答に必要な情報が不足している場合は質問してください。

ChatGPTは言葉のニュアンスが汲み取れず、情報が不足している場合でも無理矢理回答を生成する傾向があります。そのため、「効果的」などの抽象表現は避け、必要に応じて質問を要求するプロンプトを追記しておくと自社に合った施策が立案しやすくなります。

【テンプレート例3:顧客理解の深化】
#指令文

{#ターゲット}の抱える課題や悩みを具体的なエピソードやデータに基づいて分析して{#目的}を満たす内容を{#出力形式}で出力してください。

#ターゲット
自社製品のユーザー

#目的
ユーザーの課題を深く理解する

#補足
画像を2~3点入れたいので、どのような画像が適当か、意見もお願いします。

#出力
テキスト形式

プロンプトの情報量が多いとChatGPTからの回答も長文になるため、制約条件を設けて書き方を指定すると理解しやすくなります。

このように、プロンプトのテンプレートを使用する際は、必要に応じて情報の補足や修正を重ねることが重要です。会社や業種ごとに適したテンプレートは異なるため、様々なパターンを試しながら自社に合うテンプレートへカスタマイズしていきましょう。

ChatGPTをマーケティングに活用する際の注意点

ChatGPTをマーケティングに活用する際は、注意点を確認しましょう。注意点を事前に把握しておくとマーケティングの運用リスクに対処しやすくなるためです。

ChatGPTをマーケティングに活用する際の注意点】
注意点 概要
統計的なデータ分析が苦手 統計的なデータ分析を行いたい場合は、過去のデータから統計モデルを作成して読み込ませる作業が必要となる
専門的な知識を必要とする回答は難しい 法律や医学、エンジニアリングなどの専門分野に関する質問や要求に対しては正確な回答が難しい
もっともらしい嘘をつく場合がある 学習データに欠陥があったりプロンプトが適切でなかったりすると誤った情報を出力することがある
意図せず著作権を侵害する恐れがある 元の著作物とChatGPTが生成したコンテンツが似ている場合に著作権侵害のリスクが生じる
情報漏えいのリスクがある プロンプトに個人情報や機密情報を入力してしまうとログとして記録され、予期せぬ形で漏えいすることがある
サイバー攻撃に利用される可能性がある ChatGPT(APIベースのアプリケーション)は不正アクセスやデータの改ざんなどサイバー攻撃の対象になりやすい

ChatGPTは情報収集や文章作成を得意とする一方で、数字を用いたデータ分析が苦手です。統計的なデータ分析を行う場合は過去のデータから統計モデルを作成して読み込ませるなどのリソースが必要となるため、専門ツールやソフトウェアの使用が推奨されています。

また、ChatGPTの使用には著作権の侵害や情報漏えい、サイバー攻撃など様々なリスクを伴います。より安全で有用なツールとして活用していくためには社内でガイドラインを策定するなど工夫した取り組みが必要です。

ChatGPTのセキュリティ対策を詳しく知りたい方は「ChatGPTにおいてセキュリティ面で気を付けることとは?対策についても解説」も参考にしてみてください。

まとめ

ChatGPTが活用できるマーケティングの業務分野は大きく分けると「データ収集と分析」「施策の立案と実行」「効果測定と改善」の3つに分類されます。ChatGPTがそれぞれの業務でどのように活用できるかを確認し、ChatGPTの用途や活用例を把握して自社に導入した場合の活用イメージを掴みましょう。

ChatGPTを活用してマーケティングの効果を高めるためには、コツを押さえて運用することが重要です。ChatGPTのプラグインを用途に応じて使い分けたり、プロンプトの回答精度を高めたり、テンプレートを使用したりすることで多目的に活用できます。

なお、ChatGPTをマーケティングに活用する際は、注意点を確認しましょう。ChatGPTの特性や想定される課題を事前に把握しておくとマーケティングの運用リスクに対処しやすくなります。

この記事をシェアする

AIを活用した業務工数の削減 個社向けの開発対応が可能

専用カスタマイズされたAIが業務効率を飛躍させる

  • AIを使って業務を効率化させたいが、使い方が分からない
  • ChatGPTなどのAI技術を使ったプロダクトが具体的にどういうものがあるか知りたい
  • ChatGPTを自社に取り入れたいが、セキュリティ面に不安がある

独自開発、高い技術力を基盤に顧客ニーズと世界レベルのテクノロジーを持つプロダクト「JAPAN AI CHAT」が悩みを解決!

最新のAI技術を組み込むための技術・サポートを提供し、業務の効率化やコスト削減、さらには新たなビジネスチャンスの発見を実現します。

無料相談する

24時間いつでも相談可

資料ダウンロード

詳しい事例や料金を確認

メニュー