課題/業種別

AIの利用で飲食店が解決できる課題と効率化できる業務を解説

飲食店を経営する人の中には、従業員の採用や退職に苦労したり、なかなか集客がうまくいかなかったりする人もいますよね。その際、さまざまな業界で利用されるAI(人工知能)を使えば、飲食店の経営も改善されるのでは?とAI利用を検討している人もいるでしょう。

当記事では、飲食店がAIを利用して解決できる課題と効率化できる業務を解説します。実際の飲食店での事例も紹介しますので、飲食店経営者やこれから飲食業界で事業展開を考えている方は当記事を参考にしてみてください。

飲食店はAIを利用して課題解決と効率化ができる

飲食店はAIを利用することで課題解決と効率化ができます。Chat GPTや配膳ロボットなどのAIツールは、人間が指示したことを理解して文章や絵で表現したり、人間がプログラムを組んだ通りの作業を自動的に行ったりすることを得意とするからです。

【解決できる課題の一例】
解決できる課題 具体的な内容
人材不足 募集をかけても、アルバイトが採用できない
高い離職率 採用できても、アルバイトが続かず辞めてしまう
クレーム対応 対応する従業員の精神的負担がある
リピーター不足 物価高騰や賃上げにも関わらず、顧客が定着せず広告費がかさむ
研修 頻繁なアルバイト採用で、研修を担当する人材を
割く余裕がない
集客 チラシやティッシュを店の前で配る、高額なWEB広告料を支払い広告出稿する

たとえば、飲食店の課題のひとつである「人手不足」の場合、AIに欲しい人材の特徴を伝えると、募集広告案を作成してもらえます。AIは他の飲食店の募集広告を参考にするため、
飲食店がいつも募集している広告とは違う切り口の募集広告となることでしょう。

また、新しいアルバイトへ研修をする場合は、対話型AIとアルバイトが会話をすることで、オーダーの取り方のロールプレイングができます。ほかにも、AIが研修者の弱点や改善点を指摘することで、人手不足の飲食店でも新しい人材を採用することが可能です。

飲食店を取り囲む環境は、アフターコロナで変化しました。今後の飲食店の戦略を練る際、AI利用を選択肢のひとつとして検討してみましょう。

課題は配膳ロボットやAI在庫管理で解決できる

飲食店の課題は配膳ロボットやAI在庫管理で解決できます。飲食業界は常に人材不足とされていますが、AIが応答メッセージを発することで受付やレジ担当者の代わりになります。また、AIが過去の来店人数や天気のデータを学習すれば、食品ロス問題の解決も可能です。

【飲食店の課題と解決できるAIの技術】
人材不足 食品ロス問題
  • 受付(AI翻訳機、Ai接客アプリ)
  • AIレジ
  • 配膳ロボット
  • 盛り付けロボット
  • 来店客予想
  • AI需要予測
  • AI在庫管理

たとえば、外国人旅行客が多く訪れる飲食店の場合、日本語と外国語を瞬時に翻訳して発話する「AI翻訳機」が利用できます。オーダーを取る従業員がAI翻訳機をもつことで、外国人旅行客との接客もスムーズになります。

また、食品ロスが課題の飲食店の場合は、AIによる「来店客予測システム」で過去の来店客数を参照すると、食品ロスを減らせます。来店客予想システムは独自の*アルゴリズムをもち、95%以上の確率で来店客数を的中させる製品もあり、無駄のない発注が可能です。

※アルゴリズム:問題解決のための計算方法や計算手順のことで、ソフトウェアを作成する際にコンピュータプログラムとして使用される

飲食店がAIを搭載する製品を利用すれば、ホールスタッフの業務や経営者の意思決定を支援してくれます。AIは製造業や金融・保険業など他の業界でも利用されていますが、飲食店でも人材不足や食品ロス問題の解決に利用できると覚えておきましょう。

人材不足を解決するAI翻訳機や配膳ロボット

人材不足を解決するためには、AI翻訳機や配膳ロボットが活躍します。AIが導入されたシステムやロボットを利用することで、英語の話せるスタッフや配膳用のスタッフの雇用人数を減らすことができます。

【人材不足を解決するAI導入の機器やシステム】
カテゴリ 機器やシステムの種類
翻訳
  • AI小型翻訳機(多言語対応)
  • InstagramやGoogleマップへの一括翻訳配信
  • 翻訳メニュー作成アプリ
受付
  • AI接客アプリ
  • アバターオンライン接客サービス
  • AIコンシェルジュ
ホール/接客
  • 配膳/下げ膳ロボット
  •  AIチャットボット
  • AIアバターレジ
キッチン/調理
  • 盛り付けロボット
  • 湯切りロボット
  • 計量ロボット

たとえば、常にアルバイトが足りない飲食店の場合、アバターオンライン接客サービスを使うとホールでの案内役が不要になります。アバターオンライン接客サービスとは、店舗の入り口に置いたモニター内のアバターが受付となり、来店客を案内するサービスです。

また、キッチンの人手が足りない飲食店の場合は、盛り付けロボットや湯切りロボットを導入すると、キッチン用の従業員を減らせます。盛り付けや湯切り専用のフードロボットは曖昧な指示が苦手ですが、明確な指示を出すと、人材不足の解消に貢献できます。

AI搭載のモニターやロボット他のAI製品に比べ高額なイメージがありますが、月額数千円から利用できる受付や翻訳AIサービスもあります。飲食店の人材不足に頭を悩ませている人は、自社の職場にどのようなAIがあれば助かるのか想像してみましょう。

来店客予想やAI在庫管理で食品ロスを削減

来店客予想やAI在庫管理を利用することで、食品ロスを削減できます。食品ロスの主な原因は、「食品の過剰除去(皮の剥きすぎなど)」「消費期限切れ」「食べ残し」と言われており、AIの導入で「消費期限切れ」を減らすことが可能です。

【AIが食品ロスを防ぐ仕組み】

画像作成:JAPAN AIラボ

たとえば、勤務経験が浅い店長の場合、過去の売上や来店客数を把握できず、食材を過剰に発注し余らせてしまう可能性があります。しかし、来店客予想を利用すれば、天気や人流統計データを需要予測アルゴリズムが分析するため、現実に近い数値で発注できます。

AIにはさまざまなアルゴリズムがあり、需要予測アルゴリズムが含まれるAIは来店客予想ができます。また、AI在庫管理では適切な数量を自動発注する製品もあります。AIをうまく利用し、食品ロスや廃棄ロスを改善していきましょう。

社員研修や店長のシフト作成をAI技術で効率化する

社員研修や店長のシフト作成をAI技術で効率化することも可能です。予約客の変更・キャンセル対応や顧客の迷惑行為防止などの人間にとって時間のかかる作業も、AIを使えば効率化して時間を短縮できます。

【AIが実現できる飲食店の効率化の例】
従業員の負担軽減
  • ボイスボットを活用したレストランでのロールプレイング研修
  • 予約客の変更とキャンセルの電話対応
  • 店長のシフト作成のサポート
  • 迷惑行為を感知するAIカメラ
見込み客対応
  • WEB広告の最適な文言作成
  • 検討客からのメニューや営業時間などの質問対応
  • 来店客予想(混雑予想カレンダー機能)
  • ポスター型デジタルサイネージ

たとえば、なかなか集客が出来ない飲食店の場合、打ち出しているWEB広告の文言がターゲットとする客に合っていない可能性があります。その際、AI広告自動生成サービスを活用することで、出向するWEB媒体やーゲット客に合った文言をAIが提案してくれます。

AIのもつ機能「音声認識」や「自然言語処理」、「予測検知」を使うことで、飲食店は他の作業をする時間が増え、経営に余裕がでる可能性があります。AIに来店客や電話予約客の対応に加え、効果的な集客へのアドバイスもしてくれる点に留意しましょう。

AIチャットボットやAIカメラで従業員の負担を軽減

AIチャットボットやAIカメラで従業員の負担を軽減できます。AIチャットボットとは、短文の質問や内容を理解して返答するプログラムなので、社内研修や予約客の対応にも利用できます。また、AIが搭載されたカメラで迷惑客のいたずらやクレームを防止できます。

【従業員の負担を減らせるAIの活用の例】
Chat GPTの場合 〈社員研修〉
飲食店のホールでのロールプレイングとして、顧客役に開発されたボイスボットがお客さん役となる。
研修生はボイスボットとの対話を通じて、注文を受ける練習をする〈メニュー開発〉
Chat GPTにターゲット層の直近の嗜好やライフスタイルのデータを読み込ませ、飲食店に最適なメニュー案を作成する〈シフト管理〉
曜日ごとの客数、従業員数、売上、必要な調理やバッシング回数などのデータをChat GPTに読み込ませ、最適なシフトを提案してもらう

〈WEB広告の文言の提案〉
Chat GPTにターゲット層の嗜好やライフスタイルのデータを読み込ませ、
飲食店に最適なWEB広告の文言案を作成する

AIカメラの場合 〈迷惑行為の予防〉
店内の複数個所にAIカメラを設置し、AIが迷惑行為と判断した際に本部や社員にアラートを表示する
スマートスピーカーの場合 〈注文を受ける〉
座席にスマートスピーカーを設置し、顧客が「〇〇をください」と発言すると、厨房にオーダーが入る

たとえば、新人研修で音声によって認識するAIボイスボットを利用すると、先輩社員は後輩社員につきっきりで教える必要がなくなります。AIチャットボットがインストールされたタブレットを使うと、新入社員はAIと注文取りや接客の練習ができるからです。

また、迷惑行為を防ぐために、店内の死角にAIカメラを設置します。AIカメラが迷惑行為を検知すると、従業員が忙しい時間帯でも社員のパソコンやタブレットにアラートが送信されるため、最低限の従業員数でも迷惑行為を気にせず業務に集中できるからです。

AIチャットボットやAIカメラの利用で、飲食店は従業員の教育時間を節約したり、従業員を増やさず迷惑行為を防止したりできます。AIの導入は店舗数の多いチェーン店やグループ会社ほど効率化されるため、複数店舗がある飲食店はAIの導入を検討してみましょう。

見込み客の対応を自動化して収益に貢献

飲食店がAIを利用すると、見込み客の対応を自動化して収益に貢献できます。AIを導入すると、実際に人間が対応する必要がなくなるため、24時間365日見込み客の対応が可能となります。

【見込み客の対応を自動化する例】
AI活用の種類
Chat GPT プラグイン グルメサイトにAPI を使ってChat GPTの機能を追加することで、サイト閲覧者はAIに話しかけながら希望の飲食店を探すことができる
来店予想(混雑予想カレンダー機能) 過去の天気や飲食店の来客数をAIが分析し、飲食店は混雑カレンダーとして見込み客に混雑状況の情報を提供できる
ポスター型デジタルサイネージ 電子看板と呼ばれるポスター型の広告を出すことで、紙の媒体よりも多く臨機応変な情報を見込み客に提供できる

たとえば、「来店予想」の場合、過去の天気や来客数をAIが分析します。分析された結果を「混雑予想カレンダー」としてホームページ等に掲載すれば、混雑を避けたい客が来店時間をずらしてくれます。食事提供やレジで顧客を待たせず、快適な食事空間を提供できます。

また、「ポスター型デジタルサイネージ」の場合は、電子看板なので、紙のポスターよりも多くの情報を発信できます。平日の昼と週末の夜とで違った広告を掲載すれば、これまで素通りしていた見込み客が来店する可能性があります。

飲食店の集客方法「オンライン集客」は飲食店にとって重要な戦略のひとつです。まだ来店していなくても、オンラインでの接点を複数つなぐことにより、将来の顧客づくりとなる可能性があります。集客に苦労している店舗は、AIの導入を検討してみましょう。

AIの利用にはメリットとデメリットがある

AIの利用にはメリットとデメリットがあります。そのため、AIの導入を検討している飲食店は、AIのメリットとデメリットの双方を知った上で、AIの導入を決めましょう。

【AIを活用するメリットとデメリット】
メリット デメリット
  • 一部の作業を自動化できる
  • 人がするよりも早く処理できる作業がある(人材コストを抑えられる)
  •  顧客に有益な情報を自動で与えられる
  • ロボットが対応することで、クレームや迷惑行為を防ぐ場合がある
  • 導入コストがかかる
  • 運用コストがかかる
  • メンテナンスやアップデートをする必要がある
  • AIの技術が変化すると、飲食店も対応をする必要がある

たとえば、飲食店がAIを導入すると、従業員を一人雇うよりも安い費用でメニュー開発や見込み客対応などができるメリットがあります。

一方、AIを導入すると、導入コストだけでなく運用コストもかかります。新たなAI製品を導入するにあたり、操作方法を覚えることや、不具合が起こった際の対象方法を学ぶ必要もあります。

AIを導入することで、飲食店すべてが課題を解決できるわけではありませんが、AIの導入で良い効果を得た飲食店もあります。AIに関心がある人は、自社が困っている課題を洗い出し、予算と運用する担当者を決めたうえで、課題を解決できるAIを探してみましょう。

AIを導入する際は導入事例で効果を確認してみる

AIを導入する際は、導入事例を参考にして効果を確認してみましょう。実際にAIで課題解決や効率化を行った飲食店の事例をみれば、AI導入後に飲食店がどうなるのか、より具体的にイメージできます。

【AIを導入した飲食店と導入結果】
飲食店の名前 導入したAI/導入結果
中華料理レストラン  【AIの種類】AIレセプション
【導入のきっかけ】これまでスタッフが時間外の電話に対応していたが、AIレセプションを導入したから
【導入結果】朝の仕込みにそのまま時間を使えるようになった
沖縄料理店、日本酒専門店、チューハイ専門店 【AIの種類】来店客予想
【導入のきっかけ】経験豊富な店長と経験の浅い店長の来店予測に差があり、シフト決めや発注に影響したから
【導入結果】アルバイトのシフト検討と時間毎の客数予測をすることで、各店長と売上目標値の妥当性を具体的に議論できるようになった
大手外食チェーン 【AIの種類】配膳ロボット
【導入のきっかけ】「顧客満足度」と「従業員の働きやすさ」を重視した
【導入結果】ランチピーク時の回転率が改善し、片付け完了時間と従業員の歩行数が削減できた

たとえば、中華料理レストランの場合、朝の仕込み時に時間外の電話に対応することが悩みのタネでした。そこで、AIレセプションを導入したところ、AIが時間外の電話に自動対応してくれるため、さえぎられることなく朝の清掃や仕込みを完了できるようになりました。

AIを導入する飲食店のきっかけは、さまざまです。また事例をみると、規模の大きなチェーン展開している飲食店だけがAIを導入しているわけでもありません。AIに関心がある飲食店は、実際にAIを導入して成果をだした他社の導入事例を複数見て研究してみましょう。

まとめ

飲食店はAIを利用することで課題解決と効率化ができます。なぜなら、AIがもつ機械学習やディープラーニングといった特徴を利用すれば、人間が苦手な業務の一部をAIに委ねることが可能だからです。

具体的にAIが解決できる飲食店の課題には、「人材不足」「退職」「肉体労働」「クレーム対応」「売上不足」などがあります。これらの課題は、AIの導入により「人間を介さない研修」「配膳や調理の負担を減らす」「迷惑客をカメラが監視する」などの対策が可能です。

AIのもつ機能は飲食店にメリットをもたらしますが、一方で、「費用がかかる」「飲食店にAIの担当者を置く必要がある」などのデメリットもあります。AIを実際に導入した他の飲食店の事例をみると、自社がAIを導入するべきかどうかが見えてくることでしょう。

この記事をシェアする

AIを活用した業務工数の削減 個社向けの開発対応が可能

専用カスタマイズされたAIが業務効率を飛躍させる

  • AIを使って業務を効率化させたいが、使い方が分からない
  • ChatGPTなどのAI技術を使ったプロダクトが具体的にどういうものがあるか知りたい
  • ChatGPTを自社に取り入れたいが、セキュリティ面に不安がある

独自開発、高い技術力を基盤に顧客ニーズと世界レベルのテクノロジーを持つプロダクト「JAPAN AI CHAT」が悩みを解決!

最新のAI技術を組み込むための技術・サポートを提供し、業務の効率化やコスト削減、さらには新たなビジネスチャンスの発見を実現します。

無料相談する

24時間いつでも相談可

資料ダウンロード

詳しい事例や料金を確認

メニュー