業務効率化

ChatGPTによる要約のやり方と精度を高めるコツを解説

ChatGPTを長文の文書や膨大なWebコンテンツの要約に活用している方もいると思います。その際、望むものと異なる要約がされたり長文の要約がうまくいかなかったりする方もいるでしょう。

当記事では、ChatGPTを用いた要約の効果的なやり方と、その精度をさらに高めるための具体的なコツを紹介します。要約に活用できるChrome拡張機能やChatGPTのプラグインも紹介するので参考にしてみてください。

ChatGPTを使った要約のやり方

ChatGPTを使って要約する際は、「#目的」や「#条件」を指定します。これらの指定は必須ではありませんが、要約後の文章が長すぎたり、求めている情報が抜けてしまったりすることを防げるため、必要に応じて指定しましょう。

【ChatGPTを活用した要約のプロンプトに使用する項目】

項目 内容
目的 ・資料作成の概要を把握する
・特定の話題に関する調査をしている
など
条件 ・文字数の指定
・要約内容の粒度やレベル感
・重要視するキーワード
など

【プロンプト例】

あなたはプロの編集者です。

「#内容」を「#条件」を守って要約してください。

#目的
日本の景気状況に関する資料を作成する

#条件
・文字数200文字程度に要約する
・要約した内容がわかるようなタイトルをつける
・誰にでも伝わる内容に要約する

#内容
※ 要約する文章を入力

【ChatGPTの要約結果】

ChatGPTの要約結果

要約内容: 内閣府:令和5年度 年次経済財政報告 第1節 実体経済の動向 1 景気回復の状況

なお、ChatGPTの有料プランを契約している場合は、PDFやExcleなどのファイル情報を読み込ませて要約することも可能です。無料プランの場合は、ファイルの読み込み機能が無いため、ファイルの内容を「#内容」へコピー&ペーストする手間が必要になります。

要約の精度を高めるためのコツ

要約の精度を高めるためのコツは、プロンプトを作成する際に「出力形式を箇条書きに指定すること」と「明確な指示を含めること」です。

Open AIが公表しているプロンプト作成のベストプラクティスでも、ChatGPTをうまく機能させる方法に、「出力形式を例で明示する」「できるだけ具体的に指示する」を挙げています。

要約内容を箇条書きにする

ChatGPTを使って要約を行う際に「#出力形式」を箇条書きに指定すると、要約の内容を話題ごとにまとめたものが生成されます。箇条書きで出力した場合、要約された文章が簡潔にまとめられるため、情報の全体像を把握したい場合に適した手法です。

【プロンプト例】

あなたはプロの編集者です。

「#内容」を「#条件」を守って要約してください。

#目的
・日本の景気状況に関する資料を作成する

#条件
・内容を一言で表すタイトルをつける

#出力形式
・箇条書きにする

#出力例
タイトル:~~~
・項目名
・内容1
・内容2
・項目名
・内容1
#内容

【出力結果】

ChatGPTの要約結果:箇条書き

出力結果のように、要約内容が話題ごとにまとめられているため、気になった話題や自身の作業に関連度の高そうな話題を掘り下げやすくなります。

要約に求める内容を具体的に指示する

ChatGPTを使用してテキストを要約する際、精度を高める重要なコツの一つは、要約に求める内容を具体的に指示することです。明確な指示は、ChatGPTが関連性の高い要約を生成するのに役立ちます。

【具体的な指示をするためのポイント】

ポイント
目的を明確にする 「この記事の主な論点を要約してください」といった形で、何を中心に要約すべきかを指示する
範囲を指定する 長いテキストを扱う場合、「最初の3段落を要約してください」と範囲を明確する

ChatGPTに要約を依頼する際は、できるだけ具体的な指示を出すように心がけましょう。また、要約の精度をさらに高めるためには、要約された内容を確認し、必要に応じて追加で具体的な指示を与えることも有効です。

長文は分割して要約する

ChatGPTを使用して長文のテキストを要約する際は、文章を分割して各パートを個別に要約しましょう。長い文章の要約の精度を高めることができます。

ChatGPTを活用して、長文を一度に要約しようとすると、重要な情報が省略されたり、文脈が失われたりすることがあります。そのため、要約する文章を複数に分割し、それぞれを別々に要約することで、詳細で具体的な回答が生成されます。

また、文章を分割して個別に要約した後は、それらの要約をさらに統合して、各パートのまとめを作成することで、文章の一連の流れを損なわずに要約した内容を得ることができます。

Webサイトや動画の要約を効率的に行う方法

ChatGPTを活用してWebサイトや動画の要約を効率的に行う方法は2つあります。

【Webサイトや動画の要約をする方法】

  • Chrome拡張機能を利用する
  • ChatGPTのプラグインを利用する

Chrome拡張機能を利用する

GoogleChromeの拡張機能には、ChatGPTを活用してWebサイトや動画の内容を要約できるものがあります。拡張機能を利用する利点は、ChatGPTのチャットルームではなく要約したい動画やWebページ上で内容の要約を行えることです。

また、ChatGPTの無料プランを利用している方でも、WebサイトやPDFファイルの情報を手軽に行える利点もあります。

【要約に使えるGoogleChromeの拡張機能例】

GoogleChromeの拡張機能 機能例
Glarity Webページや検索結果の内容を要約する
ChatGPT – ウェブサイトとYouTube動画の要約 ChatGPTの技術を活用して、Webページ全体や特定のセクションの内容を要約する
YoutubeDigest Youtubeの動画をテキストで要約する

Google Chromeの拡張機能の中には有料プランの加入を求められるものもあるため、拡張機能を導入する前に詳細を確認しておきましょう。Chormeの拡張機能の詳細は「Chrome ウェブストア」から確認できます。

ChatGPTのプラグインを利用する

ChatGPTのプラグイン機能は、ChatGPTの機能を拡張し、ユーザーが特定のタスクをより効率的に実行できるようにするものです。プラグインを利用することで、ChatGPTは外部アプリケーションに接続し、その機能を活用することが可能になります。

【ChatGPTプラグインの活用例】

プラグイン 機能
WebPilot ウェブ記事や公開PDFなどのURLを指定して資料の要約や文章の書き起こしを行う
VideoInsights.io 動画のURLを指定して要約を行う

ただし、プラグインは外部アプリケーションによって動作するため、インストールする前に信頼性を確認することが重要です。また、プラグインを有効にすると、そのやりとりが強化学習に利用される可能性があるため、個人情報の入力は避けましょう。

まとめ

ChatGPTを活用した要約は、ChatGPTに要約させる文章と目的、条件を入力します。要約の精度を高めるためには、出力形式を「箇条書き」に指定することが有効です。

また、ChatGPTを活用してWebサイトや動画の要約を効率的に行うための方法としては、Chrome拡張機能やChatGPTのプラグインの利用が挙げられます。これらのツールを活用することで、ChatGPTのデフォルト機能だけでは実現できない動画の要約が可能になります。

なお、GoogleChromeの拡張機能やChatGPTのプラグインは、ChatGPTと外部ツールを連携して利用するため、利用前に外部ツールの利用規約を確認しておきましょう。

この記事をシェアする

 
      

AIを活用した業務工数の削減 個社向けの開発対応が可能

   

事業に沿った自社専用AIを搭載できる「JAPAN AI CHAT」で業務効率化!

   

資料では「JAPAN AI CHAT」の特徴や他にはない機能をご紹介しています。具体的なAIの活用事例や各種業務での利用シーンなどもまとめて掲載。

無料相談する

24時間いつでも相談可

資料ダウンロード

詳しい事例や料金を確認

メニュー