基礎知識

多言語AIチャットボットの費用や導入事例を解説

外国人顧客対応や社内外国人従業員への対応のために、多言語AIチャットボットの導入を検討している人はいますよね。多言語AIチャットボットの導入を行うことによって、外国人の顧客や従業員と相違なくコミュニケーションをとれます。

 記事では、多言語AIチャットボットにかかり費用や導入事例について解説していきます。多言語AIチャットボットの導入を検討している人は、参考にしてみてください。

多言語AIチャットボットの予算は性能や用途によって変動する

多言語AIチャットボットの予算は性能や用途によって変動します。ホームページやECサイトなどのウェブサイトに設置するチャットボットの導入費用は、初期費用35万円以上、月額(ランニングコスト)15万円以上がおおよその相場です。

また、多言語AIチャットボットは、商業施設や案内用の掲示板に用途によって価格が変動します。施設での設置は、市役所、高等学校や大学、駅、会社、商業施設などで行われています。

施設に設置し、現地に訪れた人に案内をするタイプのものは初期費用、月額費用ともに100万円前後の費用がかかります。

多言語AIチャットボットの導入により雇用コストの削減が可能

多言語AIチャットボットの導入により雇用コストの削減が可能です。多言語AIチャットボットは、様々な国の言語による問い合わせに対応できるためです。

多言語AIチャットボットをウェブサイトや施設に取り入れることで様々な言語に対応できます。たとえば、ECサイトに導入した場合、海外から注文方法や商品に関する問い合わせを自動で回答してくれるため、外国語に対応できる人材の採用数を抑えることができます。

また、多言語対応のAIチャットボットを導入した場合、英語や中国語による問い合わせなどへ対応する工数も削減できるため、業務効率化にも繋がります。外国語に対応できる人材の採用を増やしたいと考えている方は、多言語対応のAIチャットボットによる代替も検討してみましょう。

インバウンドが増え多言語AIチャットボットの需要が高まっている

インバウンドが増え、多言語AIチャットボットの需要が高まっています。さまざまな業界でグローバル化が進み、海外進出のほか観光や移住で日本に訪れる外国人の数が増加しているためです。

観光業や飲食店、小売店などの幅広い業界で多言語対応が必要になっており、幅広い分野で外国語に対応できるツールの導入が必要とされています。

 多言語対応AIチャットボットの導入によって外国人顧客からの問い合わせ対応や予約、発注作業が自動化できるため、インバウンド需要の高い観光業や小売業などは導入を検討してみてください。

多言語AIチャットボットは様々な業界で利用されている

多言語AIチャットボットは、外国語対応のために様々な業界で利用されています。多言語AIチャットボットは、訪日外国人への問い合わせ対応や従業員の業務負担軽減にもつながるためです。

 【多言語チャットボットが利用される業界と利用ケース】
利用業界 利用ケース
観光業 予約、問い合わせ対応、おすすめ情報の配信
宿泊業 ホテルや旅館の予約、問い合わせへの対応
自治体 問い合わせ対応、情報提供、観光案内、市町村区の文化に関する配信、質問受付
EC・通信販売業 Web接客、カスタマーサポート
多国籍企業 従業員から管理部や人事部への問い合わせに対応

たとえば、ホテルや旅館では、訪日外国人からの問い合わせだけではなく宿泊客や利用を検討している方から昼夜を問わず問い合わせがあるため、多言語対応のAIチャットボットを利用してよくある問い合わせに対応しているケースがあります。

なお、多言語AIチャットボットは、顧客からの問い合わせ対応に利用される傾向にありますが、様々な国籍の従業員を雇用する企業の社内ルールを案内するために、企業の問い合わせに対して利用している企業もあります。

求めているツールがない場合は自社でAIチャットボットを開発する方法もある

求めているツールがない場合は、AIチャットボットを自社内で開発するのも一つの方法です。自社で開発を行うことで、自社製品やサービスに最適な機能を持つチャットボットが作ることができます。

 たとえば、自社で利用しているMAツールとの連携ができる多言語対応のAIチャットボットや求めている言語に対応しているツールが無い場合は、自社内での開発を検討します。

 ただし、AIチャットボットを自社開発するには、専門的な知識と技術が必要なため、開発言語を扱える人材を雇用する必要があります。AIチャットボットの開発を担える人材がいない場合や開発のための工数を捻出できない企業は、開発を得意としている企業への外注によるAIチャットボットの開発も検討してみてください。

まとめ

インバウンドが増え、多言語AIチャットボットの需要が高まっています。多言語AIチャットボットの導入を行うことによって、外国人の顧客や従業員からの問い合わせに対応できるようになるためです。

 多言語AIチャットボットの予算は性能や用途によって変動します。たとえば、ホームページやウェブサイトに設置する場合は初期費用35万円以上、月額(ランニングコスト)15万円以上がおおよその相場となっています。

 観光業や飲食店、小売店などの幅広い業界で多言語対応が必要になっており、幅広い分野で外国語に対応できるツールの導入が必要とされています。

 求めているツールが既存で存在しない場合は自社開発を行うのも一つの方法です。自社開発が行えない場合は開発を得意としている企業への外注を検討してみてください。

この記事をシェアする

AIを活用した業務工数の削減 個社向けの開発対応が可能

専用カスタマイズされたAIが業務効率を飛躍させる

  • AIを使って業務を効率化させたいが、使い方が分からない
  • ChatGPTなどのAI技術を使ったプロダクトが具体的にどういうものがあるか知りたい
  • ChatGPTを自社に取り入れたいが、セキュリティ面に不安がある

独自開発、高い技術力を基盤に顧客ニーズと世界レベルのテクノロジーを持つプロダクト「JAPAN AI CHAT」が悩みを解決!

最新のAI技術を組み込むための技術・サポートを提供し、業務の効率化やコスト削減、さらには新たなビジネスチャンスの発見を実現します。

無料相談する

24時間いつでも相談可

資料ダウンロード

詳しい事例や料金を確認

メニュー